安価な軽自動車の代名詞スズキ・アルト、実は超高コスパ!9代目の高性能に驚愕

 スズキの誇るイメージリーダー的存在の「アルト」が、9代目となってデビューした。販売価格は、エントリーモデルである「A」が94万3800円、最上級モデルの「ハイブリッドX」でさえ137万9400円に抑えられている。コスト意識の強い軽自動車の世界でも、最近は200万円を軽々と超えるモデルも少なくないが、アルトは伝統的な低価格路線をひた走る。同価格帯のライバルであるダイハツ「ミライース」と、真っ向勝負の価格設定なのである。

 それでも、コストに縛られてクルマとしての資質を見失うことがないのがアルトの魅力である。新型では車格を大きく引き上げた。全長3395mm、全幅1475mmの前後左右のディメンションは軽自動車枠ギリギリで、それ以上伸ばすことは叶わないが、高さに関しては規定の2mまでまだ余裕がある。先代に比較して全高を50mm伸ばしている。

 これによって、乗降性が増した。ドアの開口部が天地に20mm伸ばされたことで、腰を窮屈に屈めなくとも乗り降りしやすくなった。背筋をピンと伸ばした正しい運転姿勢をとっても、頭上空間には余裕がある。後席にとっても恩恵は同様で、前後に長いシートスライドすることもあって、膝周りがゆったりしている。頭の上にも空間があり、半端な5ナンバー乗用車よりも広い室内を実現しているのだ。

 もちろん、全高のアップはリアハッチの開口部を広げる効果がある。バンパーを下げたこともあり、重量物でも腰に負担をかけずに積み込める。5ドアハッチの利便性を充実させているのだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク