神尾楓珠、星野源ら出演ドラマ『17才の帝国』今夜スタート 17歳の総理が導く帝国が誕生
拡大する(全1枚)
ドラマ『17才の帝国』第1話場面写真

 俳優の神尾楓珠が主演を務め、山田杏奈星野源と共演する土曜ドラマ『17才の帝国』(NHK総合/毎週土曜22時)が今夜スタート。第1回では、AIにより為政者に選ばれた亜蘭(神尾)が指揮する“帝国”が誕生する。

【写真】内閣官房副長官・平を演じる星野源

 本作は、近未来日本の地方都市に立ち上がった「実験都市プロジェクト」を舞台に、「AI」を駆使し、理想の政治の実現を目指す17歳のリーダーの姿を描く青春&SFエンターテインメント。脚本は、アニメ『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などを手がけてきた吉田玲子のオリジナル。

 キャストには、NHKドラマ初主演となる神尾のほか、山田杏奈、星野源、河合優実、望月歩、染谷将太松本まりか杉本哲太西田尚美岩松了田中泯柄本明ら実力派が顔をそろえる。

 土曜ドラマ『17才の帝国』は、NHK総合にて毎週土曜22時放送。

◆第1回「帝国誕生」あらすじ

 近未来・202X年。日本経済は没落し「サンセット・ジャパン」とやゆされていた。
 
 打開策として、総理大臣の鷲田(柄本明)は、内閣官房副長官・平(星野源)に命じ、AIを使った実験都市「ウーア」を立ち上げる。ところがAIにより為政者に選ばれたのは、17才の高校生“総理”・真木亜蘭(神尾楓珠)ほか若者たちばかりだった。
 
 半年後、真木に憧れる茶川サチ(山田杏奈)ら移住組もやって来て「ウーア」が始まると、真木はいきなり議会の廃止を提案。支持率が30%を切ったら辞任すると宣言する。“17才の帝国”の幕が開く。