俳優の池松壮亮が12日、都内にて開催された映画『シン・仮面ライダー』プレミア上映レッドカーペットおよびフォトコールに、浜辺美波、柄本佑、西野七瀬、塚本晋也、手塚とおると共に出席。本作に「サプライズが待っている」と予告した。



【写真】池松壮亮、浜辺美波、柄本佑、西野七瀬らレッドカーペットに集結

 1971年の『仮面ライダー』放送スタートから50周年の記念日となる2021年4月3日に、製作および2023年3月の公開が発表された『シン・仮面ライダー』。脚本・監督を庵野秀明が務め、“原点”をリスペクトしながらも新たなオリジナル作品として描かれる。

 SHOCKER上級構成員・ハチオーグ役で出演する西野は「庵野さんの作品に出るのは初めてだったし、まさか出られるなど思っていなかったので、一日一日撮影を噛み締めながら取り組んでいました」とコメント。「できた世界観の中に自分が存在しているのが不思議な感じで、とても楽しく撮影もできたし、完成した映画も楽しんで見ることができたので、たくさんの方に楽しんで見ていただけたらうれしいなと思います」と呼びかけた。

 仮面ライダー2号に変身する一文字隼人役の柄本は「庵野監督というクレジットの流れるエンドロールの中に自分の名前があることが非常にうれしくて。皆様、非常に大きなサプライズが待っていますので、楽しんでいただければ」とアピール。
ヒロイン・緑川ルリ子を演じた浜辺は「こんなに初号試写で声が出ちゃうことは本当に初めて。どのシーンも台本を読んでいるはずなのに、感嘆の声、驚きの声を抑えきれない」と作品の印象を語った。

 主人公・本郷猛役の池松は「1週間前に無事に完成しました。そして1週間後に無事に公開できそうです。本当に長い長い道のりで、僕も完成版は昨日ようやく見ることができました」と告白。「本当にすごいものが映っていました。
佑さんが言ったようにいろんなサプライズが待っていると思います。あと1週間楽しみにしていてください」と口にしていた。

 映画『シン・仮面ライダー』は、3月17日18時より全国最速公開(一部劇場を除く)、同18日より全国公開。