高橋真麻、『アラジン』で大号泣! 「アニメーションより心を動かされた」

高橋真麻、『アラジン』で大号泣! 「アニメーションより心を動かされた」
『アラジン』を鑑賞した高橋真麻にインタビュー クランクイン!
 ディズニーの不朽の名作『アラジン』が、実写となって6月7日(金)から公開となる。一足早く、映画を鑑賞したフリーアナウンサーの高橋真麻は「家に帰ってからもずっと『ホール・ニュー・ワールド』を歌っていました。何回、歌ったかわからないくらいです」とその世界にどっぷり入り込んだ様子。「最後は大号泣してしまいました」という本作の感想を聞くとともに、自らの道を邁進する彼女にとっての、“大切な言葉”についても明かしてもらった。

【写真】『アラジン』ナオミ・スコット演じるジャスミン

 貧しくも清らかな心を持つ青年アラジンと、王宮の外の世界に憧れる王女ジャスミンが運命的に出会い、心に秘めていた“本当の願い”を叶えていく姿を描く本作。2人の恋を見守る、陽気な“ランプの魔人”ジーニーの登場や、巨匠アラン・メンケンが手掛ける名曲の数々が、映画を鮮やかに彩る。

 「アニメーション版も大好きでした」という高橋だが、実写ならではの映像表現にも魅了されたという。「アニメーションを実写化するというのは、どのジャンルの作品でも、もともとのファンの方の期待や理想があるので、とてもハードルが高いと思うんです。本作はそういったファンの方たちの要望にも応えながら、さらにオリジナリティや新しい世界観を組み合わせていて、映像もすばらしいなと思いました。テンポやスピード感もすごかったです」とファンならではの視点でコメント。

 さらに、「クライマックスでのジーニーとアラジンのやり取りには、大号泣してしまいました」と告白する。「実写だからこそ一層リアリティを感じて、アニメーションより心を動かされたのかもしれません。アラジンのために奮闘しているジーニーの健気さを見て、涙が止まりませんでした。私はプレミアム吹替版を拝見したのですが、中村倫也さんの演じるアラジンもすばらしかったです。観客はジャスミンと同じように、だんだんアラジンに恋していくわけですが、中村さんのお芝居があったからこそ、すっと感情移入することができたように思います」と話す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

クランクイン!の記事をもっと見る 2019年6月4日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「スター・ウォーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら