日本一長い名前のお菓子、いよいよ発売!

日本一長い名前のお菓子、いよいよ発売!
       
 7月12日、香川県さぬき市から、日本一長い名前(!?)の創作和菓子が発売される。お遍路さんの「四国霊場八十八ヵ所」にちなんだ、八十八文字の名前だ。

「願いを結んで 思いを結んで ひとを結んで お遍路さん
四国霊場八十八ヵ所 暑熱厳寒山々踏みこえ 巡り巡ってうれしや上がり三ヵ寺
嗚呼生きててよかったと 幸せ味わう創作和菓子 呼ばれたし名は大結願」

 さすがに長くて覚えられないので、通称は、「大結願」(だいけちがん)となった。

 香川県東部のさぬき市は、うどんの本場ではない。「さぬきうどんブーム」に乗れず、これといった名産もなく、人口も減少の一途。3人に1人がお年寄りの過疎の町である。

 このままでは地元の若者に未来がない、と、さぬき市商工会長・十河孝男氏の旗振りのもと、地元の菓子事業者らが集まって一念発起、「土産菓子で町おこし」を試みた。

 幸い、さぬき市は、お遍路さんが廻る四国霊場八十八ヵ所のうち最後の三箇所、「上がり三ヵ寺」を抱えていた。86番(志度寺)、87番(長尾寺)、88番(大窪寺)である。最後のゴール、お遍路さんの願いが結ぶ、「結願」(けちがん)の場所である。

 そこで、この縁起のよい「結願」をお菓子で表現したのが、今回の「大結願」である。

 内容は、2枚のクッキーで羊かんをはさむ「拝みもなか」と、和風味のクッキー「へんろの小石」の詰め合わせとなっている。価格は、税込1050円。

「拝みもなか」の皮はあられをまぶした薄いクッキーで、中の餡の味は小豆・桑の葉・桜の三種。甘さのなかにしょっぱさのアクセントが効いた、和洋折衷の絶妙な味わいだ。「へんろの小石」は、さくさくホロホロふわっと溶けるクッキーで、和三盆、ほろりと苦い桑の葉、いちごの三種類。
ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年7月12日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。