ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携
拡大する(全4枚)
プレスリリース (54558)

ファインピース株式会社と同グループ(自動車整備補助金助成金振興社/ESG/SGDs導入支援機構)は、ソフトバンクロボティクス株式会社とソフトバンクロボティクスが展開する、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を活用した教育サービス「Pepper for Education/Pepper 社会貢献プログラム2」において、業務提携すると発表した。

ファインピースとソフトバンクロボティクスは、企業が支援してPepper(ペッパー)を教育機関に導入するパッケージである「Pepper ふるさと教育支援」を自動車整備業界の企業に向けて共同提案し、「Pepper(ペッパー)」を活用した先進的なESG投資対策・SDGs達成の実現に貢献する。さらに、今後導入した「Pepper(ペッパー)」を活用して児童・生徒たちが「自動車 × 環境」について学べるオリジナル教材を、支援企業とソフトバンクロボティクスが共同で制作し、提供することも計画しているとのことだ。
ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を...の画像はこちら >>

via プレスリリース

■Pepper ふるさと教育支援について

「Pepperふるさと教育支援」は、企業が自社で契約した人型ロボット「Pepper(ペッパー)」を地元自治体や学校・教育機関に無償提供し、地域のプログラミング教育を支援できる仕組みだ。既に、福岡県中間市と宮崎県延岡市をはじめ複数の自治体が先行して活用している。

自治体や学校・教育機関が持つ「プログラミング教育の予算不足」「企業と連携した教育活動の実現」という課題の解決と、企業側が単独では取り組みにくい教育領域での「SDGsの取り組み推進」「地域社会貢献」、これらの実現による「ESG投資対策」というニーズをつなげる役割を果たすとのことだ。
ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携
プレスリリース (54561)

via プレスリリース特徴
ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携
プレスリリース (54563)

via プレスリリースオリジナル教材の例(旭化成株式会社と共同制作)
ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携
プレスリリース (54565)

via プレスリリース

この記事の画像

「ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携」の画像1 「ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携」の画像2 「ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携」の画像3 「ソフトバンクロボティクスとファインピース、「Pepper」を活用した教育サービスで連携」の画像4