【大いに妄想】まさかマツダとのコラボ? トヨタGR GT3コンセプトの正体を知るヒント

【大いに妄想】まさかマツダとのコラボ? トヨタGR GT3コンセプトの正体を知るヒント
拡大する(全1枚)
2022年1月14日から開催した東京オートサロン2022。会場となった幕張メッセ東8ホールトヨタGRブースに気になるクルマが…と思って眺めていると、ブース外(一応プレスなので規制線の内側にいた)から声が掛かった。聞き覚えのある声に振り向くと、もと某社CCO(チーフクリエイティブオフィサー)。カリスマ外国人経営者直々のヘッドハンティングで10数年に渡ってデザイン部門を率いたNさんだった。

「このクルマ(GR GT3コンセプト)ってアレだよね」とNさん。私も一目見た時からどこかで見たような…デジャヴ(既視感)のモヤモヤ感があった。

言われて納得だった。アレとは他でもない2015年のTMS(東京モーターショー)に初出展し、明くるTAS(東京オートサロン)にもお目見えしたRX−VISION。マツダ渾身の大型クーペのことで、プロポーションからいって他には考えられないという。

【画像】GR GT3コンセプトとRX-VISIONを見比べると!

マツダは次のTMS 2017でVISION COUPEを公開。特徴的な長いフードの中に収まるのはSKYACTIV-X(直列6気筒)。RX-VISIONがその名の通りロータリーエンジン(4ローター)想定のコンセプトに対し、VISION COUPEはレシプロ、それも絶えて久しい直列6気筒搭載を予定する。プロポーションを考えれば他には考えられない必然の造形を成している。

「なるほど!」と即座に同意したのは当然だろう。 初見の段階で付きまとった「やたらペッタンコで、フードが長く、超ワイド」の異様さはカープレッドが印象的だったマツダデザインの系譜だが、黒塗りボディでキャラクターが巧みに消されていた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「マツダ」に関する記事

「マツダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「マツダ」の記事

次に読みたい「マツダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク