review

武雄市図書館は是か非か。リアル「図書館戦争」時代

《図書館の無料貸出しは貸本屋やレンタル店とどこが共通し、どこが違うのか。有料か無料かは重要な違いだが、むしろ市場的なニーズに依存するかそれと一線を画するかの違いである。公費をつかって市場的なニーズに対応するだけなら、公立図書館よりも公設民営の貸本屋やレンタル店をつくればよい》

では、市場的なニーズへの依存とは一線を画したうえで、公立図書館はどんな道を選ぶべきなのだろうか。これについて著者の考えはきわめて明確だ。それは貸出しサービスを中心とした図書館から一歩進めて、図書館に課せられたいまひとつの役割であるレファレンスサービスを充実させ、「地域の情報拠点」となることをめざそうというものだ。

図書館の利用者というとたいていは、本や雑誌を読みに来る人たちである。地域の情報拠点としての図書館ではそれを、ビジネスや生活のさまざまな場面で必要とされる情報や資料を提供することで、これまで図書館を利用していなかった人にも、その有用性をアピールしようというのだ。

もちろん、こうした大幅な軌道修正を行なうには、予算もいるし、専門知識を持った職員をそろえる必要もある。多くの自治体が財源不足に悩んでいるいま、それを実行するには限界があるだろう。そこで著者が提案するのは、従来より公立図書館が蓄積してきた地域資料(かつては郷土資料と呼ばれていた)をもとにしたサービスの展開である。

じつはこうした取り組みはすでに一部の地域では行なわれている。静岡市が都心部の再開発ビルに設置した図書館では、とくにビジネス支援サービスに力を入れ、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク