review

今夜最終回「失恋ショコラティエ」誰を選ぶの? なんなの、サエコ! 

月9ドラマ「失恋ショコラティエ」(CX月9時〜)を見ていて、思い出すドラマがあります。

「花より男子」(05年)です。

「失ショコ」と同じく漫画原作のドラマで、松本潤がヒロイン(井上真央)の相手役を演じていました。
ああ、これ、もう10年近く前なのですね。

「失ショコ」は、主人公が3人の女の子にモテる話で、「花男」は、ヒロインが4人のイケメンに囲まれるお話です。

マツジュンとヒロインをめぐる恋のライバルを演じた小栗旬が、当時(07年「花より男子2(リターンズ)」の頃)のあるインタビュー記事でこんなことを語っています。

(ヒロインのことをどう思うか? という問いに)「ヒドイ女だと思います(笑)。お前がいろんな男にフラフラしなければ、『花より男子』は10巻くらいで終わってるんだよ!って」(「オーディション」07年2月号より)

「花男」は37巻の大長編。それに比べたら「失ショコ」はまだ7巻(5月に8巻が発売されます)ですから、そんなに長い話ではありませんが、それでもやっぱり、「失ショコ」もサエコ(石原さとみ)がフラフラしなければ、成立しない物語なのであります。

最初は、彼がいるにも関わらず、爽太にフラフラ。
11年経っても、夫がいるのに、爽太にフラフラ。

現在、サエコは、夫が自分の話を聞いてくれず、物のように扱うことに我慢がならず、家を出て、爽太のチョコレートショップの仮眠室(にしてはものすごく素敵な部屋)に寝泊まりしています。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「失恋ショコラティエ」に関する記事

「失恋ショコラティエ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「失恋ショコラティエ」の記事

次に読みたい「失恋ショコラティエ」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

失恋ショコラティエ

失恋ショコラティエ

学生時代から憧れていた先輩・サエコ(石原さとみ)に振り向いてもらうためにショコラティエになった主人公・小動爽太(松本潤)の、熱で溶けたチョコのようにドロドロした恋を描くドラマ。

2014年3月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 失恋ショコラティエ ドラマ
  2. 失恋ショコラティエ 石原さとみ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。