review

テレビ版 「エヴァ」に思春期の黒歴史がエグられる! 当時の映像そのまま初収録のDVD-BOX

       
飯田 『エヴァ』はシリアスからコミカルまで振れ幅がものすごいし、批評的にもキャラ的にも魅力的だったのがすごかった。僕、中学生のときは部屋に『セーラームーン』のポスターと初号機が覚醒して咆哮してるポスター貼ってたんですよ。で、本棚は『スレイヤーズ!』とか『セイバーマリオネットJ』みたいな90年代ラノベと並んで『人間失格』とか『罪と罰』とかあるし。親からしたら意味がわからなかったと思うw でも人間、文学も読めばアニメも観るんですよ。あたりまえじゃないですか(ドン!) エヴァはどっちからどう観てもいけた。

元ネタ探しの楽しさと深読みのむなしさを教えてくれたのもエヴァだった


飯田 それから、Huluで見返して思ったのは、『エヴァ』って本放映時にちゃんと終わらなかったから何回でも作り直せるし、作り手側も考えたくなっちゃうんだろうと。

藤田 似たことは、先日、テレビで初放送された話題の短編「until You come to me.」「evangelion:Another Impact(Confidential)」を見て思いました。前者は、水彩画っぽくて、和風な画面作り。後者は、CGで、メカメカしいし、手ブレカメラを模している。「エヴァの違う語り方が無数にある」ことを、あえて見せてきている感じがします。……しかし、それも、TVシリーズの26話でやってるんですよね。パンを咥えた綾波とぶつかるラブコメ的なエヴァの可能性もあった、といきなり言い出すところで。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。