離婚による芸能界復帰後は代表作にも恵まれず、今や中堅女優に甘んじてしまっている感がある内田有紀。パッとしない現状に歯がゆさを感じるのは、筆者が「アイドル時代の輝き」を知っている世代だからだろうか?
スーパーアイドルであった彼女の、女優デビューから歌手デビューまでの濃密な2年間を振り返りたい。

【ドラマデビューはキムタクと共に】


内田有紀のデビュー作は、92年の一色紗英主演のフジテレビ系ドラマ『その時、ハートは盗まれた』。凛として大人びた女子高生の姿ははまり役で、まさにタイトル通りに視聴者のハートは盗まれたのだった。このドラマは木村拓哉の連ドラ本格デビュー作品でもあり話題性も十分。内田有紀は最高のスタートを切ったといえるだろう。

この後、怒涛のフジテレビドラマ出演ラッシュが続き、一気にスターダムへと駆け上がって行く。
フジテレビドラマの歴代最高視聴率37.8%を記録した『ひとつ屋根の下』や、全盛期の観月ありさが主演の『じゃじゃ馬ならし』などを経て、94年の『時をかける少女』で満を持して連続ドラマ初主演を果たす。
このドラマには、「SUPER MONKEY'S」時代の安室奈美恵や女優デビュー間もない菅野美穂も出演しているが、内田有紀の美少女ぶりが際立つ"かませ犬"的立ち回りとなっている。
続く『17才 at seventeen』でも主演となるが、脇を固めるのはデビュー作の主演を務めた一色紗英。内田有紀の勢いとともに、芸能界の栄枯盛衰を感じずにはいられない。