90s

「格差婚」から大出世した渡部篤郎、『ケイゾク』で大ブレイク

       
再婚報道が世間を賑わせている渡部篤郎。1994年にRIKACOと結婚した当時はまだ無名の俳優であり、すでに芸能界のトップにいたRIKACOとの「格差婚」が大きく取り上げられるほどだった。さらに「スピード婚」としても話題を集めている。
まずは、当時の2人の状況から振り返りたい。

売れっ子だったRIKACOと無名の俳優だった渡部篤郎


RIKACOは1979年に13歳でモデルデビュー。その後、タレント、女優として幅を広げていく中、1992年のテレビ東京系のバラエティ『浅草橋ヤング洋品店』での物怖じしない振る舞いと辛口コメントが大受け。元ファッションモデルの下地も生かし、ファッションリーダー的存在としても人気を集め、すでに年収1億円ともいわれる売れっ子になっていた。

渡部篤郎は1991年にテレビ東京系のドラマ『青春の門』で主演デビュー。下積み時代には日活ロマンポルノにも出演していた苦労人だ。この時点では代表作もなく、世間的には無名の俳優だった。

ドラマの共演がきっかけで超スピード婚約


出会いは1993年7月放送のテレビ朝日系ドラマ『湘南女子寮物語』での共演。打ち上げで意気投合し、1週間も経たないうちに同棲を始めたそう。ちなみに主演は水谷豊。「AV女優になってやる!」「わたしはレズ!?」などの過激なサブタイトルが並ぶ、月曜夜8時向けのティーン向けドラマだ。

1ヶ月後には渡部からプロポーズし、スピード婚約となった。8ヶ月後の2月15日にはRIKACOが結婚会見。「彼の方が2つ年下だけど男らしくて、私の方が甘えちゃってどっちが年上かわからないの」と、男勝りなRIKACOらしからぬ殊勝なコメント。渡部の男ぶりが上がる中、3月1日に目黒のレストランで結婚式が開催された。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月18日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。