90s

内田裕也の伝説的な政見放送とは? 放送事故にしか思えない衝撃!

破天荒なロックンローラー・内田裕也が政界に殴り込み!?


内田裕也というと、何かにつけて「ロックンロール!」と叫ぶ変なおじさんというイメージが強いが、この当時もその芸風は変わらず。しかし、60年代末~70年代にかけて日本のロックシーンをリードする存在だったのは確か。歌手としてのヒット曲はないながらもその存在感は絶大で、俳優業でも異彩を放っていた。
型破り、破天荒、暴れん坊……。そんなイメージばかりが先行する内田裕也が政界に打って出る。ワクワクと同時にイヤな予感しかしない、そしてその予感は現実のものとなるのだった。

全編ほぼ歌と英語のみ! 異例尽くしの政見放送とは?


1991年春、NHKに内田裕也の政見放送が流れた。
「ロックンロールライフを高校生から続けている。Rock it!Love&peace運動」
紹介ナレーションからして強烈な電波がビンビンである。

まずは、ジョン・レノンの『Power to the People』のサビをアカペラで披露。そして、プレスリーのカバーで有名な『Are You Lonesome Tonight?(今夜はひとりかい?)』を歌い上げ、そのままの流れでブロークンな英語での自己紹介が始まる。
要約すると、「ロックンロールに出会って人生が変わり、世界中を回ったけど、やっぱロックンロールは最高!尊敬する猪木の出馬取り止めがショック。俺のロックンロールを聴いてくれ!」って感じの内容……と思われる。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月17日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。