「サブリミナル」とは何か、ご存知でしょうか? 単語そのものの意味で言うと、「潜在意識に働きかけること」。転じて現代においては、映像や音声における表現手法の一つとして広く認識されおり、映像でいうと、スローにしなければ知覚できないほんの一瞬、趣旨とは無関係な画像をカットインさせることを指します。

サブリミナル手法に人の心を扇動する可能性があることは否定できず、悪用されれば、不当に購買意欲を刺激される恐れがあります。そのため、わが国においては1995年にNHKが、1999年に日本民間放送連盟が、それぞれサブリミナル手法の禁止を発表しています。
にも関わらず、過去に幾度か「実例」が報告されており、最も世に影響を及ぼしたのが、以下に紹介する事例です。

地下鉄サリン事件の2ヵ月後、騒動は起こった


今から21年前の1995年。世紀末の世は、一つの宗教団体に底知れぬ恐怖を感じていました。オウム真理教です。麻原彰晃を教祖として頂に据えるこの教団は、90年代前半から社会問題化。
決定的だったのが、95年3月20日。営団地下鉄(現在の東京メトロ)構内に神経ガス・サリンを大量散布するという、空前にして絶後のテロ行為、世にいう「地下鉄サリン事件」を起こしたことにより、世間ははっきりと認知したのです。彼らはイチ宗教団体という枠組みから著しく逸脱した存在なのだ、と。

そんなサリン事件の喧騒も冷めやらぬ、95年5月7日と14日。オウム真理教特集を2週続けて放送していたTBSの『報道特集』という番組で、麻原彰晃と教団最高幹部である上祐史浩の顔のアップ、加えて血の付着したナイフのアップなど、計16カットが一瞬だけ挿入されていたことが判明します。