review

織田裕二が天才過ぎてバカに見える「IQ246〜華麗なる事件簿』今夜スタート

本日、10月16日の21時より、TBSテレビ系の新ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿』(日曜21:00〜)の放送が開始される。
織田裕二が天才過ぎてバカに見える「IQ246〜華麗なる事件簿』今夜スタート
イラスト/北村ヂン

ここ数日、メインキャストの織田裕二たちがTBSの番組にやたらとゲスト出演しまくって番宣していたので目にした人も多いと思うけど、『半沢直樹』『下町ロケット』などを生み出した日曜劇場枠ということで、TBS的にもそうとう力が入っているドラマなのだ。

先日行われた先行試写会で一足先に第1話を観させてもらったので、ネタバレしない程度に内容を紹介していこう。

「熱血バカ」を返上した織田裕二の新境地は「天才バカ」!?


織田裕二演じる主人公は、IQ246という超絶頭脳が代々長男に遺伝しているという謎めいた貴族の末裔・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)。……まあ、シャーロック・ホームズですな。

沙羅駆はそのグレイトすぎる頭脳を持て余しており、「あー、暇だ暇だ。どこかに私が解くに値する謎はないものか……」なんて常々思っている。

そんなノリで深刻な事件にクビを突っ込んでこないよう、「護衛」という名目で警視庁から法門寺家に送り込まれてきたお目付役の刑事が、土屋太鳳演じる和藤奏子(わとうそうこ)。……ワトソンくんね。

元気いっぱいでちょっとおバカ、そしておそらく処女という設定の、いつもの土屋太鳳っぽい……というか『まれ』感のある役柄だ。

そして、法門寺家に代々仕えている執事の家系の89代目・賢正を演じるのがディーン・フジオカ。自由奔放な沙羅駆を冷静にフォローしつつ、アスリート級の身体能力も持っており、武芸もバリバリという。ミステリアスな存在だ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2016年10月16日のレビュー記事
「織田裕二が天才過ぎてバカに見える「IQ246〜華麗なる事件簿』今夜スタート」の みんなの反応 1
  • 秩父の主水 通報

    そして、悪役の女主人公はマリアT.つまりはモリアーティですね〜。

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

IQ246〜華麗なる事件簿

IQ246〜華麗なる事件簿

織田裕二主演のテレビドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」のレビュー一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース