review

織田裕二の謎演技よりトリックが問題だろ「IQ246〜華麗なる事件簿」今夜第2話

「織田裕二がぶっ壊れた!?」
織田裕二の謎演技よりトリックが問題だろ「IQ246〜華麗なる事件簿」今夜第2話
イラスト/北村ヂン

いよいよスタートした、TBSテレビ系の新ドラマ『IQ246〜華麗なる事件簿』(日曜21:00〜)。

初回視聴率も13.1%と、最近のドラマとしてはまずまずの好スタートだったようだが、ネット上の感想を見てみると、織田裕二の過剰すぎるキャラクター作りへの否定的な意見が大半を占めているようだ。

IQ246という超絶頭脳を持っており、世の中のほとんどの謎が一瞬にして解けてしまうため、常にヒマを持て余している主人公・法門寺沙羅駆(ほうもんじしゃらく)。

古畑任三郎や『相棒』の杉下右京、『名探偵ポアロ』(日本語吹き替え版)といった天才的な推理力を持つ刑事・探偵からの影響を感じさせるキャラクターなのだが、そこに法門寺沙羅駆独自の「貴族の末裔だから一般常識にはとらわれない行動を取る」という要素をプラスした結果、天才だけど言動は子どもっぽく、口調は貴族という特異なキャラクターが生まれている。

設定としては面白いものの、それをいつも通りの野人面をした織田裕二が演じているもんで、どうしても違和感がぬぐえないのだ。

もっと、お坊ちゃまくん的な分かりやすく貴族感のある衣装を着用するとか、ほお紅を塗るとか、麻呂眉にするとか……ビジュアル的にも織田裕二+αしておいてくれれば、あの演技も受け入れやすかったんじゃないかと思うのだが。

いや、そんな格好していたら、もっと裕二に心を奪われちゃって、ストーリーが頭に入ってこなかったか。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2016年10月23日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

IQ246〜華麗なる事件簿

IQ246〜華麗なる事件簿

織田裕二主演のテレビドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」のレビュー一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース