90s

再ブーム中! リバイバル「日本語ラップ」の意外なルーツは?

最近、若い世代に再び注目を浴びるヒップホップの中でも、とくにスポットを当てられている「日本語ラップ」。この発端は若い世代に人気のテレビ番組となった、「フリースタイルダンジョン」や、「戦極MCバトル」などが流行したことにもあるが、そのブームに至る以前には、実は90年代のアンダーカルチャーな音楽シーンで盛り上がった日本語ラップがあった。

大ヒットした「DA.YO.NE」


1990年代当時のラップといえば、まだHIP&HOPカルチャーのひとつでしかないテクニックだった。ラップというもの自体、日本の音楽シーンの理解もまだ未成熟なものだったが、その時期に早くからラップの新しさや勢いを取り入れ、日本語独自の情緒を表現していたアーティストも数多くいた。そんななか代表的なものが、1994年に発表されたEAST END×YURI の「DA.YO.NE」かもしれない。
若者が使う言葉を軽妙なメロディにのせた曲で、当時アイドルだった東京パフォーマンスドールのメンバー・市井由理とのユニットによって、その新しいグルーヴは一気に広まった。彼らはその後も「Maicca-まいっか-」「いい感じ やな感じ」など、普段の会話のような詞(リリック)を使ってブームを起こしたのだった。

また、それに前後するようにスチャダラパーや、DJとしてもおなじみのライムスター宇田丸、Zeebraなどが活躍していた。その後もRIP SLIME、KICK THE CAN CREWなど、などメジャーで活躍するアーティストも多く登場してきた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク