90s

孤独死した女優・川越美和、SMAPとの意外な接点とは?

90年代から00年代にかけて、アイドル、女優として活躍した川越美和が10年前、35歳で孤独死していたことが報じられた。

デビューは1988年、キャッチフレーズは“天然的美少女”。4枚目のシングル「夢だけ見てる」で日本レコード大賞新人賞を受賞した。ワンレン、ボディコン全盛の狂乱のバブル時代の最中、肌の露出が少ない正統派アイドルとして登場し、現在40歳前後の人たちには意外なほど強く記憶が刻まれている存在である。

それだけに今回の報道にショックを受けている人も少なくない。

『時間ですよ』で共演した川越美和とSMAP


川越のドラマの代表作といえば新人時代に出演した『時間ですよ 平成元年』(89年)だろう。「夢だけ見てる」も同ドラマの挿入歌である。

『時間ですよ』は森光子主演、久世光彦演出によるドラマシリーズ。久世が「脱ドラマ」的な手法で作り上げた作品の一つで、“トリオ・ザ・銭湯”こと堺正章や悠木千帆(樹木希林)らが何の脈絡もなく放つギャグが人気を呼んだ。天地真理、浅田美代子らの出世作でもある。
1970年に最初のシリーズが放送されたから何度となくリメイクされており、とんねるずをメインキャストに据えた『時間ですよ ふたたび』(87年)と『時間ですよ たびたび』(88年)も制作されて話題を呼んだ。

89年の『時間ですよ 平成元年』はキャストを一新。森光子演じる「梅の湯」の女将・宝田ウメの長男役にチェッカーズの藤井郁弥(フミヤ)を迎え、長女役の篠ひろ子のほか、谷啓、地井武男、由利徹、かまやつひろし、小林亜星らが脇を固めている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク