review

「監獄のお姫さま」1話「イライラするから嫌い」か「イライラするから面白い」か、これは分かれそうだ

小泉今日子主演、宮藤官九郎脚本の火曜ドラマ『監獄のお姫さま』。過去に罪を犯した女たちが手を組んで、ある男に復讐するというストーリーだ。満島ひかり、菅野美穂、夏帆、坂井真紀、森下愛子、伊勢谷友介という豪華キャストも大きな話題となっている。第1話の視聴率は9.6%とまずまず。
「監獄のお姫さま」1話「イライラするから嫌い」か「イライラするから面白い」か、これは分かれそうだ
イラスト/まつもとりえこ

「おばさんたちの不完全犯罪」にイライラ


第1話は、馬場カヨ(小泉)、“財テク”こと勝田千夏(菅野)、大門洋子(坂井)、“姐御”こと足立明美(森下)が、“先生”こと若井ふたば(満島)指揮のもと、EDOミルクの若き社長・板橋悟郎(伊勢谷)を誘拐・監禁するまでのお話。

で、これがまぁ、実にわちゃわちゃしていた。まずは悟郎の息子を誘拐しようと企てた女たちの作戦は、とにかく失敗ばかり。スマホの地図の見方もわかっていないし、子どもの容姿を口頭で伝えて間違えて別の子をさらってしまったりする。だったら写真撮って送れよ! そのくせ、ずっとペチャクチャおしゃべりしているんだから、あー、もう、おばさんってイライラする! でも、それを描くのがこのドラマ。公式サイトのキャッチコピー「おばさんたちの不完全犯罪。」とはよく言ったもの。不完全すぎるよ!

子どもを誘拐した馬場カヨたちの板橋悟郎への要求は、過去の罪をカメラの前で認めること。悟郎はかつて江戸川乳業の社長令嬢・江戸川しのぶ(夏帆)と婚約していたが、悟郎の恋人・ユキ(雛形あきこ)とトラブルになり、ユキが殺害される事件が発生。犯人としてしのぶが逮捕され、「爆笑ヨーグルト姫事件」として広く知られることとなった。だが、しのぶは冤罪だった。悟郎はしのぶに罪を着せ、自分は社長の座に収まっていた。女たちの目的は、しのぶの冤罪を晴らすことだ。

あわせて読みたい

「「監獄のお姫さま」1話「イライラするから嫌い」か「イライラするから面白い」か、これは分かれそうだ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    宮藤官九郎のドラマは伏線が多かったり、数秒見逃すともったいないシーンがあったり、「ながら見」できない。今はスマホ片手になんとなく見る人も結構いるから視聴率はそこそこかもね

    12
  • 匿名さん 通報

    このドラマだけは観ようと思ってる

    11
  • 匿名さん 通報

    カルテットと絡めて書けば読んでもらえるだろうという考えが丸見えで、ただあらすじだけを書いた全く中身のない文章でびっくりしました。

    4
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

監獄のお姫さま

監獄のお姫さま

ドラマ『奥様は、取り扱い注意』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース