「結局、そっち履いたんだ?」
「ああ」
「いい靴なんだな、それ」
「最高だ……!」

池井戸潤原作、役所広司主演の日曜劇場『陸王』。最終回を支えたのは、走って、走って、走りまくった竹内涼真と、それに負けじと猛烈に走った佐野岳だった。

舞台は第1話と同じ豊橋国際マラソン。大ケガから復活した茂木裕人(竹内)と、日本陸上界の若きエース・毛塚(佐野)の対決に大観衆は湧きかえっていた。演出の福澤克雄得意の人海戦術で、あふれんばかりに埋め尽くされたエキストラの間を、若い2人がとにかく走る。応援する宮沢(役所)らこはぜ屋の面々や陸上部監督の城戸(音尾琢真)、埼玉中央銀行の大橋(馬場徹)、そしてFelix社長の御園(松岡修造)らの様子が時折インサートされる程度で大きなサイドストーリーもなく、画面は2人を中心としたレースの模様を映し続けた。

原作でも最終章はほぼレースに費やされている。588ページの大著のうち、わずか30ページ強しかない最終章だが、画面の力で押し切った。竹内と佐野の肉体に対する演出陣の信用を強く感じさせる構成だった。
「陸王」最終回  「誰かが誰かを支える」素朴で心温まるドラマだった
イラスト/Morimori no moRi

敗者たち、弱者たちの復活劇



前回、宮沢と坂本ちゃん(風間俊介)が提案した業務提携という話を、Felixの御園が飲みつつもシビアな条件を課する形で、こはぜ屋の経営問題は落着する。

「諦めずに挑み続ければ、必ず道は開ける」
「本当の負けってのは、挑戦するのをやめたときだ」

宮沢の力強い言葉に鼓舞されるこはぜ屋の人々。宮沢は飯山(寺尾聰)や息子の大地(山崎賢人)らの姿から、これらのことを学んだと言う。飯山は倒産という地獄から蘇り、大地は就職活動で何もかも否定され続けてきた。宮沢だって先代の後を継いだ会社を倒産寸前にまで追いやってきた。彼らは手痛い負け戦から這い上がろうとしているのだ。