review

「陸王」6話。竹内涼真快走を見せて視聴率快調、音尾琢真の股間にスタッフの愛を感じた

池井戸潤原作、役所広司主演の日曜劇場『陸王』。先週放送された第6話の視聴率は16.4%と高値安定。好調を維持したまま後半戦に突入しようという構えだ。

マラソンなら折り返し点とも言える第6話は、前半と後半にくっきり別れた構成だった。前半はここまでのクライマックスともいえるニューイヤー駅伝、後半は今後のためのフリだ。

タスキで受け継がれる技術と伝統


『陸王』はランニングシューズの世界を舞台にしたビジネスの話だが、あからさまな悪役が登場しない。こはぜ屋のライバル、アトランティスの小原(ピエール瀧)と佐山(小籔千豊)だって自分たちの考えるビジネスを行っているだけで、罪を犯しているわけではない(性格は悪い)。むしろ、小原などは日本支社営業部長という役職のわりに現場によく足を運ぶ仕事熱心な男だと思う。性根まで腐ったヤツなら正月はニューイヤー駅伝など見ず、ハワイあたりで豪遊しているだろう。

「悪者を倒す」という物語の推進力はないが、その代わり、毎回「(エピソードの中で)達成しなければいけない課題」がドラマの最初のほうで提示される。宮沢(役所)ら、こはぜ屋の面々は課題をクリアするために悪戦苦闘するわけだが、視聴者にとってはクライマックスに向けた運びが非常にわかりやすいし、課題が達成されたときは宮沢たちとともに快哉を叫ぶことになる。思えば『小さな巨人』は本当に課題がわかりにくかった。

そういう意味では、第6話には課題が設定されていなかった。あるとしたらニューイヤー駅伝で「陸王」を履いたダイワ食品の茂木(竹内涼真)が、いけ好かないライバルの毛塚(佐野岳)に勝つことぐらい。宮沢、大地(山崎賢人)、飯山(寺尾聰)、村野(市川右團次)らは、それを見守るだけである。彼らがこれまで5話にわたって積み重ねてきた努力の結果が出るのが6話の前半ということだ。

スタート前の茂木を見たときの飯山の言葉が良い。

「そら、少しは緊張してるんだろうがな。だが、今のあいつはそれ以上に感じるものがあるはずだ。あの場所に戻れた感動や、また走れる喜びだ。あんたに誘われて、陸王のソールを作り始めたときの俺がそうだった。へっへ」

故障からレースに復帰した茂木と、倒産からものづくりの第一線に復帰した飯山。茂木の今の気持ちが、飯山には誰よりもよくわかっている。

沿道にいるこはぜ屋の応援団が見守る中、茂木がスローモーションでタスキを受け取る。タスキの受け渡しは、100年の間、足袋を作り続けてきたこはぜ屋の技術と伝統が後世に引き継がれていく象徴である。だから、これほどまでにじっくり描かれるのだ。

演出の福澤克雄が得意な「物量」作戦が遺憾なく発揮されたニューイヤー駅伝の様子はさすがの一言。竹内涼真のたたずまいも本物のランナーのようだった。走っている姿はもちろん、タスキを待っている姿も様になっていた。
「陸王」6話。竹内涼真快走を見せて視聴率快調、音尾琢真の股間にスタッフの愛を感じた
イラスト/Morimori no moRi

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
「「陸王」6話。竹内涼真快走を見せて視聴率快調、音尾琢真の股間にスタッフの愛を感じた」の みんなの反応 3
  • 朝ドラと違って 通報

    どんどん面白くなるね。

    6
  • 匿名さん 通報

    今季一番好きなドラマ。

    3
  • 匿名 通報

    茂木と毛塚は以前仮面ライダーと聞き、吉本芸術が脇を固めていて、おもしろいー

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

陸王

陸王

ドラマ『陸王』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース