review

「わろてんか」147話。濱田岳がますます男っぷりをあげていく

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第26週「みんなでわろてんか」第147回 3月27日(火)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:本木一博
イラスト/まつもとりえこ

147話はこんな話


滋賀県米原の薬草農家に疎開したてん(葵わかな)たちは、日々笑って暮らそうとしていることを、主人・横山治平(西川きよし)に咎められる。だが、治平にもワケがあって・・・。

ギョロ目の鬼さん


大阪で大空襲があってから1週間が経った。
天満風鳥亭に電報を打ったが、風太から連絡がないことを心配するトキ(徳永えり)に、てん(葵わかな)は笑って待とうと励ます。

「わろてわろて ぎょうさん(笑いの神様に)お供えしよ」

福が来るように、福笑いしている飛鳥(花田鼓)と藤一郎(南岐佐)。
「ギョロ目の鬼さん」とは、てんの父(遠藤憲一)のあだ名であった。会ったことのないご先祖さまのことがなんとなく伝わっているようだ。

無邪気な子どもたちにまで治平は厳しい。目下、この人が「ギョロ目の鬼さん」である。
「そんなに笑いたかったらいますぐここから出ていけ」とまで言う。
なぜそんなに頑ななのか。
それにはわけがあった。
孫が兵隊にとられてから笑わなくなったのだと、とりん(堀田真由)から聞いたてんは、治平と話をする。

「ほんまは苦しゅうて苦しゅうて 毎日泣きたいくらいです。けど泣いて、あの子(隼也)が喜ぶとは思いまへん」

そこで、新一兄さん(千葉雄大)の11話での名言を引用するてん。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「わろてんか」に関する記事

「わろてんか」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「わろてんか」の記事

次に読みたい「わろてんか」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

お買いものリンク