review

「わろてんか」143話。てんは幸運の女神さまだった

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第25週「さらば北村笑店」第143回 3月22日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:鈴木 航
「わろてんか」143話。てんは幸運の女神さまだった
イラスト/まつもとりえこ

連続朝ドラレビュー 「わろてんか」143話はこんな話


召集令状が届き、4日後に入隊となった隼也(成田凌)と、てん(葵わかな)は何年かぶり(6年以上)に再会する。

隼也に召集令状が


再放送中の朝ドラ「花子とアン」の146話では終戦を迎え、主人公たちが窓ガラスに貼った、割れたときの飛散対策のテープ(紙)を剥がしていた。一方「わろてんか」では、戦争まっただ中、窓ガラスが米印だらけになっている。

召集令状が実家(てんの家)に届き、急ぎ風太(濱田岳)が、隼也に届けに向かう。なにしろ、4日後に入隊だから、早く知らせないといけないうえ、てんと隼也をなんとか会わせたいからだ。

風太「いますぐ行ってくる」
トキ「どこに?」
風太「川崎や」
  「隼也に電報打っといてくれ」

トキ役の徳永エリの芝居が迫真なので、「どこに?」という台詞が妥当か否か、あまり気にならなかった。
電報が打てるということは住んでいる場所を知っているはずだが・・・勢いで理屈を乗り越えてしまうこともできるという良い見本である。

ついに、土曜日から進出してきた幽霊


隼也が召集されると聞いて、幽霊藤吉(松坂桃李)が出てきた。
隼也には“幸運の女神様”がついている(てんのこと)から大丈夫。だから、「ん廻し」でもして励ましてあげろとてんに言う。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」143話。てんは幸運の女神さまだった」の みんなの反応 6
  • beer 通報

    今回はリリコが、いい味出していた。久々の対面で、ぎこちない隼也とてん。そこへリリコが来て、てんに「あんたも、こうしたいやろ?」と隼也に抱きつく。開けっぴろげな態度が、2人の心を解きほぐした様に見えた。

    7
  • 匿名さん 通報

    >トキ役の徳永エリの芝居が迫真 シリアスなシーンが最近増えてきたので、尚更そう思います。

    6
  • 匿名さん 通報

    トキちゃんだけがちゃんとババアっぽい演技

    6
  • 匿名さん 通報

    てんは隼也に「この家の敷居は二度と跨がせません!」と言ったのに、なんだかなぁ・・・

    5
  • 匿名さん 通報

    自宅も建物疎開にならないか心配です。

    4
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

2018年3月23日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。