smadan

金融業界の常識「テレワーク導入は困難」をあおぞら銀と三井住友海上はなぜ打ち破れたのか

金融業界の常識「テレワーク導入は困難」をあおぞら銀と三井住友海上はなぜ打ち破れたのか
画像はイメージ

2020年の東京五輪では国内外から観光客が集まり、交通混雑が予想される。2012年ロンドン大会では、ロンドン市交通局の呼びかけにより、市内企業の約8割が開催までにテレワークを導入し、混雑を回避した。2017年、東京五輪開会式が行われる7月24日を「テレワーク・デイ」と設定、約950団体、6.3万人が参加した。今年の7月23日~7月27日では各企業・団体の状況に応じて、24日+1日の計2日間以上を「テレワーク・デイズ」として実施する。2000団体・延べ10万人の参加を目標とする。

そんななか、テレワークマネジメントは「第70回テレワーク・ミニセミナー」を都内のホテルで開催。テレワークの導入が困難とされてきた金融業界で、その常識を打ち破ったあおぞら銀行と三井住友海上火災保険の人事担当者が登壇した。金融業界で困難な理由は、もし情報漏洩や個人情報などを紛失した場合、金融庁に届け出る義務があるからだ。2社はどのようにしてテレワーク導入に至ったのか。

今回のミニ・セミナーでは、「“あおぞら”らしい働き方改革について」「MSクラウドソーシング(三井住友海上の育児休業者員による在宅勤務)」と題してあおぞら銀行と三井住友海上火災保険の人事担当者が登壇し、講演を行った。説明者はあおぞら銀行の人事部企画課長兼業務課長兼総務課長の有賀孝史氏と三井住友海上火災保険の人事部企画チーム兼働き方改革チーム課長の荒木裕也氏。

あおぞら銀の場合:長く働くことが美徳とされる文化「このままでは存続にかかわる」


金融業界の常識「テレワーク導入は困難」をあおぞら銀と三井住友海上はなぜ打ち破れたのか
あおぞら銀行の有賀孝史氏が「働き方改革」について解説

まず、あおぞら銀行の事例から見てみよう。
あおぞら銀行でテレワークを導入できたのは2つのポイントがあったという。テレワーク導入について社長をはじめ経営陣の同意が得られたことと、IT担当者・法務担当者と情報漏洩やウイルス感染のリスクについて事前に話し合い、お墨付きを得られたことだ。

有賀氏は、つきあい残業や長く働くことが美徳とされる古い文化があったことを問題視し、「このままではあおぞら銀行の存続にかかわる」と考えるようになったという。
同行では、2017年1月から全行20時最終退行を実施。「銀行は紙の文化」と述べる有賀氏だが、2017年5月の本社移転を機に、ペーパーレス施策として旧本社に保存していた文書の60%削減に成功しているほか、2017年5月には一部をフリーアドレス化した。

さまざまな働き方改革を断行中のあおぞら銀行では、行員の意識改革調査アンケートを毎年実施し、幅広く行員の声、意識や課題を吸い上げている。また、行員が長くあおぞらグループで活躍していくことを目的に2018年1月に「働き方改革協議会」を設置し、統一感を持たせつつ、満足度向上に向けた施策を展開中だ。同協議会のポイントは、代表取締役副社長を委員長として、経営層がしっかりとコミットしつつも、リアルタイムに行員の意見を反映するため、従業員組合も参加していることだ。
「重要なのは従業員目線」(有賀氏)。銀行と行員がお互いWin-Winの関係を構築するには、まず銀行が働きやすさを提供し、行員がやりがいをもって働く必要がある。

2017年4月から導入されている「在宅・モバイル勤務制度」では、部署・業務内容・利用目的を限定せず、上司が認めれば誰でもテレワークができる。前日までに上司の了解を得て、当日はテレワークで業務開始、終了後はメールか電話で連絡する。自宅だけではなく、外出先、出張先、移動中でも利用可能で、週1日出社することが義務づけられている。テレワークの弱点である「働きすぎ」の対策として、深夜・休日勤務は原則禁止している。

最大の問題であるセキュリティ関係では、銀行貸与のモバイルPCを利用するか、自宅PCから業務ツールへのアクセスにワンタイムパスワードを設けることで解消した。
利用者からは、「自分の業務に集中でき、作業が進む」「通勤不要で往復2時間が有効活用でき、家事、通院を済ませ、睡眠時間も増えた」「地域とのコミュニケーションが増えた」などのメリットがあがった。一方で「コミュニケーションが取りづらい」などのデメリットの声もあったという。

ただ、働き方改革全般の課題も多く、「仕事の満足度が変わっていない」という意見が多数あり、業務時間の短縮により、業務スキルの向上・能力開発への時間が削がれていることや残業手当減少への不満も寄せられるなどの問題点も浮上した。
「これは今後の課題であり、可能な限り業務効率化をはかっていきます」(有賀氏)

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月23日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。