review

「獣になれない私たち」クズっぷり全開の田中圭が『おっラブ』はるたんに見えた3話

新垣結衣、松田龍平ダブル主演、野木亜紀子脚本の水曜ドラマ『獣になれない私たち』。。キャッチフレーズは「『全ての頭でっかちな大人』に送るラブかもしれないストーリー」。先週放送の第3話の視聴率は8.1%だった。
「獣になれない私たち」クズっぷり全開の田中圭が『おっラブ』はるたんに見えた3話
イラスト/まつもとりえこ

無神経でズルい男・京谷


第3話でクローズアップされたのは、晶(新垣結衣)の恋人・花井京谷(田中圭)のダメっぷり、クズっぷりだった。

京谷は晶と付き合って4年。誰がどう見ても晶とゴールイン寸前だったが、彼の部屋には「座敷わらし」のような元恋人の朱里(黒木華)が4年も住みついていた。朱里の存在が障害となって、ふたりの関係はにっちもさっちもいかなくなっていたのだ。京谷は晶に迫られて朱里に部屋からの退去を言い渡すが、逆ギレされてあえなく退散。晶の部屋へと逃げ込んできた。

京谷という人物は、どこにでもいそうな男である。いや、スペックだけを見れば、かなり高い。大手ディベロッパーに勤務し、仕事ぶりも優秀。独身ながら分譲マンションも購入している。ルックスも良く、性格も穏やかだ。

だけど、何か引っかかる。見ていると心がざわざわする。恒星(松田龍平)にお持ち帰りされた女(穂志もえか)を見て、「女の子も軽そうだったもんな。ないな」と随分失礼なことを言う。第1話では、呉羽(菊地凛子)の服装を褒める晶に「あれ、好きな男、そうそういなくない?」と言っていた。女性の行動を常に男目線でジャッジしている。

おそるべき無神経でもある。晶の部屋でかいがいしく料理をつくってみたと思えば、食事中の話題は子どもの話。晶だって京谷と結婚して子どもを産んで……という未来を何度も考えただろう。だけど、京谷の個人的な問題のせいでそれがかなわないから悩んでいる。なのに、「子ども可愛いだろうな、晶の子」なんて言って平気な顔をしている。自分と「晶の子」ではないのか? 部屋で晶に抱きついて「ああ、癒やされる~」と言っていたが、抱きしめられている晶の表情は完全に「私は癒やされてないんですけど……」と言っていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「獣になれない私たち」クズっぷり全開の田中圭が『おっラブ』はるたんに見えた3話」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    2話目でしんどいなーと脱落しそうになりましたが、3話目でまた引き込まれて次がすごく気になりました。 登場人物みんな何となく嫌いになれない、不思議なドラマです。 こういう分析を見るとまた楽しいです。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

獣になれない私たち

獣になれない私たちのレビュー記事一覧

2018年10月31日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。