review

パワハラセクハラ自殺未遂「獣になれない私たち」明るく溌剌としているばかりがガッキーじゃない

ラブストーリーだと思ったのに、どうしてこんなに心が削られるの!?

新垣結衣、松田龍平ダブル主演の水曜ドラマ『獣になれない私たち』がスタートした。『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などのヒット作で知られる脚本家・野木亜紀子の新作とし注目を集めている。

キャッチフレーズは「ラブかもしれないストーリー」。もう少し詳しくオフィシャルサイトから引用すると、「現代に生きる人々のリアルに徹底的にこだわって描く、『全ての頭でっかちな大人』に送る、ラブかもしれないストーリー」ということになる。

都会に生きる男女のリアルな恋愛模様が描かれる……と思っていたのだが、先週放送された第1話は一味も二味も違う仕上がりだった。冒頭に書いたとおり、観る者の心をゴリゴリと削るような展開だったのだ。視聴率は11.5%と好発進。
パワハラセクハラ自殺未遂「獣になれない私たち」明るく溌剌としているばかりがガッキーじゃない
イラスト/まつもとりえこ

「観ていられない」パワハラ&セクハラの波状攻撃


クラフトビールバーで偶然出会った2人、深海晶(新垣結衣)と根元恒星(松田龍平)。

第1話では、小さなITベンチャーで営業アシスタントとして働いている晶の日常が描かれた。彼女は「常に笑顔」で「仕事は完璧」。ワンマン社長の九十九剣児(山内圭哉)からの信頼も厚いが、その信頼は朝6時から断続的に続くメッセージアプリや大声での叱責といったパワハラ行為という形で現れる。無責任な営業担当の松任谷夢子(伊藤沙莉)や新人営業の上野発(犬飼貴丈)のミスの尻拭いをするのも全部晶。まさに「仕事はすればするほど増える」という言葉どおりの存在だ。晶の笑顔はビジネス用のつくり笑顔だが、眉根にシワを寄せている時間のほうが圧倒的に長い。

あわせて読みたい

「パワハラセクハラ自殺未遂「獣になれない私たち」明るく溌剌としているばかりがガッキーじゃない」の みんなの反応 8
  • 匿名さん 通報

    >パワハラ行為という形で現れる。無責任な営業担当の松任谷夢子(伊藤沙莉)や新人営業の上野発(犬飼貴丈)のミスの尻拭いをするのも全部晶。 きついよなあ❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >わりとダメな人しか出てこないドラマです」  それで、魅力的なドラマになりますかね?ストレスだらけで、視聴者が、離れなければ良いけれど❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >一歩ずつ線路に近づいていく。自殺未遂……!すんでのところで回避されるが  ここ、なんかヤバい予兆がしましたものね!

    1
  • 匿名さん 通報

    >冷笑家で女癖の悪い恒星が自分の事務所に誘う。「店から徒歩3分の間にたぶらかされるほどバカじゃありません」ときっぱり断る晶を笑う恒星。  皮肉屋ですかね?

    1
  • 匿名さん 通報

    >サングラスをかけたまま九十九に業務の改善要求を突きつける。たった一人の、自力で起こした反乱だ。  あのパワハラ全開の上司に通用するかなあ?

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース