年末のアリーナツアーは超特急の新時代を感じていただけるものにしたい/インタビュー後編

       
 
年末のアリーナツアーは超特急の新時代を感じていただけるものにしたい/インタビュー後編
撮影/キムラタカヒロ

――【超特急】インタビュー前編より

前回のアリーナツアーのようにメンバーが積極的にライブ制作に関わると思う(リョウガ)

――ユニット曲ではダサいことに全力投球し、作詞なども手がけました。そもそも、組み分けはどうやって決めたのですか?

リョウガ:ある日突然、楽屋に侵入してきた撮影グループから企画の説明をされて、6つのシュークリームを差し出されたんですよ。そのうち2つはからし入り(笑)。それを引き当てたタカシと僕で「トーリッピ」でメンバーを選んでいったんです。

――トーリッピ、ですか??

リョウガ:えっと、ドラフト制というか。

ユーキ:小学生の頃、よく言ったね(笑)。

カイ:じゃんけんするときのかけ声ですよ、知らないですか?

――世代差と地域差を痛感……(笑)。つまりじゃんけんして、メンバーを選んだと。

リョウガ:はい。運良く僕が2連勝したので、カイとユーキを引き抜きました。沖縄調の「インオキナワ」をやるって分かってたから、役割的に僕にできない部分をより助けてくれそうだなと思って2人を選びました。

――琉球音階を使った楽曲「インオキナワ」と演歌調の「ツンデレチビ王子」をやることは、最初から知っていた?

タクヤ:そうですね。でも、歌詞はまだなかったよね。

タカシ:うん。曲を始めに聴いて、俺はこっち(座・武士道「ツンデレチビ王子」)がいいって決めました。

ユーキ:僕らは僕らで、沖縄っぽい曲のほうがいいねってことで選んだんですよ。

――メンバーが決まって、まずは歌詞を書くところから?

タクヤ:「ツンデレチビ王子」は、タカシ、ユースケ、僕の3人で書いた“テイ”になってますが、実は僕は一切関わってません(きっぱり)。

カイ:こらこら、“テイ”とか言わない(笑)。

ユースケ:3人がそれぞれに書いてくるはずだったんだけど……。

――タクヤさんは書かなくても、なぜ許されたのでしょう?

タクヤ:それは……メイキングを見てもらえたら面白いと思いますよ、ふふふ。

カイ:なんで書かなかったか、理由を聞いてるんだよ!(笑)

タクヤ:ユースケとタカシは絶対的に面白いものが書けるって、最初から分かっているんです。だから。

カイ:書いてもどうせ採用されないと?

タクヤ:そうそう。だったら、それは無意味な時間になるなと。

リョウガ:じゃあしょうがない……ってなると思ったか?!

タクヤ:他で補ったので大丈夫です(笑)。
年末のアリーナツアーは超特急の新時代を感じていただけるものにしたい/インタビュー後編
リョウガ

撮影/キムラタカヒロ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月11日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。