review

「今日から俺は!!」原作と全然違う!なのに完璧に太賀はとんでもなく今井だった4話

演出・脚本:福田雄一で日本テレビ系「今日から俺は!!」日曜22:30〜)第4話。

このドラマのキャストが発表されたとき、1番違和感を覚えたのは今井役の太賀だった。今井は190cm越えの大男で、太賀は168cmとどちらかというと小柄だったからだ。190cmは無理だとしても、せめて180cmくらいある俳優を選んで欲しかったと、原作を知る人なら誰もが思ったハズだ。

演じ方のイメージもかなり違った。バカとはいえ、基本のテンションは高くない。しかし、太賀が演じた今井はテンションが高い。身長も動きもテンションもまるで違う。なのに、太賀はとんでもなく今井だった。
「今日から俺は!!」原作と全然違う!なのに完璧に太賀はとんでもなく今井だった4話
原作12巻

思考回路が手に取るようにわかる今井


原作の今井は、身体こそデカイが普段から声がデカイという描写は特にない。なんなら、二枚目ぶってクールを装うバカだ。しかし太賀の声はデカイ。それほど声を張り上げる必要のない普通の登場シーンでも、「よぉぉぉー!三橋ぃー!!」とこっちが想像している声量を必ず超えてくる。これにより、意味も無く堂々とした今井、自分に自信を持った今井が表現される。バカのくせに胸を張っている様が、さらにバカっぽい。

ただこれでは、本当に声を張り上げなければいけないシーンでギャップが生まれない。低いところと高いところのメリハリがなくなるのだ。太賀もそういうシーンでは通常より大きい声を出しているが、ギャップは少ない。

だがそのぶん太賀は、ヨダレをまき散らし身体をジタバタさせる。ピンチに陥れば、恥も外聞もなく、必死に自分を取り繕う。クールでカッコイイ自分を守ろうとするあまり、余計にその姿は見苦しい。太賀の人より下がる口角も、今井の情けなさを助長している。この姿が通常と違って一切堂々としていないため、声の張り上げ方が同じだとしても、落差が生まれる。心情の変化がわかりやすく、愚かな思考回路がむき出しになる。そして、思考回路がむき出しになった人間は、多少醜いくらいがかわいい。原作の今井も、考えていることが手に取るようにわかるところが魅力だ。

あわせて読みたい

  • 今日から俺は!!聖子ちゃんカットはマゲ

    今日から俺は!!聖子ちゃんカットはマゲ

  • 「今日から俺は!!」原作より漫画っぽい

    「今日から俺は!!」原作より漫画っぽい

  • 今夜放送「1942年のプレイボール」

    今夜放送「1942年のプレイボール」

  • 「海月姫」瀬戸康史の裸セクシー過ぎて

    「海月姫」瀬戸康史の裸セクシー過ぎて

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年11月11日のレビュー記事
    「「今日から俺は!!」原作と全然違う!なのに完璧に太賀はとんでもなく今井だった4話」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      本日も楽しみにしてます❗

      2
    • 匿名さん 通報

      8:54の方は 昔のマンガの実写化ドラマの何に噛み付いてるの? それともドラマになっている物は全て現実に有ると思ってるの?

      2
    • 時代遅れ 通報

      どこの国のお話し、日本にこんな若い方いませんよね?千葉の山奥にはまだ生息してるの?

      1
    • 匿名さん 通報

      文章が長いわりには見当違い。原作知らないで時流に乗ってるだけの浅い文章でした。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース