review

「今日から俺は!!」聖子ちゃんカットは時代劇のマゲだ。橋本環奈と清野菜名の配役は合ってると思う2話

演出・脚本:福田雄一で日本テレビ系「今日から俺は!!」(日曜22:30〜)第2話。

たぶんほとんどの原作ファンは、赤坂理子(清野菜名)と早川京子(橋本環奈)の配役に違和感を覚えていると思う。あまりにも清野菜名は京子っぽい顔をしているし、橋本環奈の背格好やクリクリな眼はすごくすごく理子にハマりそうだからだ。

だが、第2話を見てこれで合っていたのだと思い知った。

アクションの質の違い


理子は赤坂道場の娘で合気道の使い手。そこらのツッパリなら相手にならないほど強く、当然アクションシーンは多くなってくる。演じる清野菜名は、運動神経に定評があり、映画『TOKYO TRIBE』や『東京無国籍少女』など、数々の映画やCMでアクションをこなしてきた。2話では、腕力で劣りながらも三橋(賀来賢人)相手に、身体全体を連動させて技を繰り出して対抗。その姿は派手でカッコよくて、何よりもキレイだった。蹴りを出した後も体幹はブレないし、動作と動作の間で身体をピタっと止める。涼やかな表情で戦うところも、その強さを物語っていた。赤坂理子として、清野菜名には説得力があった。

原作でそれほど戦うシーンが多かったわけではないだが、京子も強い。だが京子は格闘技をやっているわけではない。ただのスケ番だ。そうなると、技というよりは暴力と呼ぶにふさわしいアクションが合ってくる。2話では戦いというよりリンチに近かったが、自分がどう動いているのかすら把握する気もないような大雑把な蹴りや、コンビネーションという概念のない勢い任せの攻撃を橋本環奈は繰り出していた。伊藤(伊藤健太郎)もそうだが、こういう場合はキレイな動きよりも、声と表情の圧の方が大事になってくる。少なくとも、格闘技が出来る強い女と、格闘技が出来ないけど強い女の違いという観点では、配役が正しいように思える。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「今日から俺は!!」に関する記事

「今日から俺は!!」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「今日から俺は!!」の記事

次に読みたい「今日から俺は!!」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

今日から俺は!!

今日から俺は!!

西森博之による漫画作品。賀来賢人主演×西森博之原作×福田雄一脚本・演出でドラマ化。賀来のほか、伊藤健太郎、清野菜名、橋本環奈らが出演した。2018年10月14日〜12月16日、日本にテレビで放送。

お買いものリンク