review

「大恋愛」絶望から生まれた小池徹平の悪意。希望に向かって出産を選んだ戸田恵梨香、ムロツヨシの涙7話

「大恋愛」絶望から生まれた小池徹平の悪意。希望に向かって出産を選んだ戸田恵梨香、ムロツヨシの涙7話
イラスト/Morimori no moRi
11月23日に『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)の第7話が放送された。

同じ病気なのに尚と公平には落差がある


前回から登場した、MCI患者の松尾公平(小池徹平)。彼については、存在自体に賛否がある。このドラマに公平という男は果たして必要なのか?
少なくとも、アルツハイマー病患者の心境を描く上では重要な存在だ。

間宮尚(戸田恵梨香)に会うため、用もないのに病院へ入り浸る公平。主治医の井原侑市(松岡昌宏)から尚と距離を取るよう促されても聞く耳を持たず、去り際にゲップを吐く態度。公平の精神状態を表している。人のことなどお構いなし。

間宮真司(ムロツヨシ)への挑発は度を超えていた。
「僕はもう、失うものは何もないから。何をされても平気なんだ。だってどうせ、み〜んな忘れてなくなっちゃうんだから。あるのは今だけ」

侑市を相手に、公平は今の気持ちを開けっぴろげに明かした。
「僕なんか早くいなくなったほうがいいんです。奥さんだって逃げていったんですから(笑)」

尚が卒倒した講演中のハウリングは、やはり公平の仕業だった。この悪意ある行動について、侑市はアルツハイマー病の症状によるものではないとはっきり断言している。

確かに、病気の症状が引き起こしたものではない。でも、全く無関係とは言えない。公平は絶望している。記憶を失い、支えてくれる家族はいない。仕事も失いかけだ。夫や母がいる尚とは明らかに違う。同じ病気なのに、自分と比べて尚は恵まれ過ぎている。尚と公平の落差は、本当にエグい。

あわせて読みたい

  • 「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

    「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

  • 大恋愛 病気と恋がごっちゃになってる

    大恋愛 病気と恋がごっちゃになってる

  • ムロツヨシ固まって「大恋愛」が始まる

    ムロツヨシ固まって「大恋愛」が始まる

  • 「大恋愛」水虫歯周病アルツハイマー

    「大恋愛」水虫歯周病アルツハイマー

  • レビューの記事をもっと見る 2018年11月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    大恋愛

    大恋愛レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース