review

「大恋愛」サンド富澤が戸田恵梨香に説いた男の本性に共感。ムロツヨシはそう動くしかなかった5話

11月9日に放送された『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)の第5話。
「大恋愛」サンド富澤が戸田恵梨香に説いた男の本性に共感。ムロツヨシはそう動くしかなかった5話
イラスト/Morimori no moRi

ムロが別れを切り出した男ならではの理由


このドラマは、サンドウィッチマンの富澤たけし扮する木村明男がいい。木村は男の気持ちを代弁する側での道しるべのような存在だ。

間宮真司(ムロツヨシ)から別れを告げられた北澤尚(戸田恵梨香)は、真司の職場を訪れた。アパートに帰らない真司の居所を尚は掴めないでいる。別れの理由がわからない尚に木村は持論を語った。
「20年前の小説を暗唱までするあんたが何もかも捨てて自分のとこ来てさ、それって男にとっちゃ相当重いからさ。受け止めきれなくて、だんだん自信がなくなっちゃったってことはあるかもしれないな」
「だって、あいつの取り柄って優しさと面白さだけだろ」

木村は核心を突いている。
 私は優しくて面白ければそれだけでいいのに。
木村 だから、男はそれじゃ嫌なんだって。

その夜、真司は小説の続きを書いた。
「動くと静電気を発する安物の毛布にくるまって眠っている彼女の華奢な背中に俺は幾度も問い掛けた。甘いことはいくらも言える。心から言える。だけど、金はない。言葉みたいに出てこない。こんな俺にお前は何ができると思っているんだ。本当に俺でいいのか? 大事な時間を無駄遣いしているかもしれないぞ」

真司は身を引き、井原侑市(松岡昌宏)に尚を支えてもらいたかった。自分は親がいない孤児院育ち。2作目の小説は惨敗し、今はアルバイトで生計を立てている。お金はなく、体力も衰えた。「優しくて面白い」だけの自分に不安になるのだ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年11月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース