大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第44回「士族たちの動乱」11月25日(日)放送 演出:石塚 嘉
「西郷どん」44話。薩摩で私学校をつくる。もうすぐ西南戦争

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

お風呂シーンは視聴率アップを助けるのか


あと3回(これをいれて4回)を残すばかりとなった「西郷どん」。明治7年、佐賀の乱も起こり、日本はどうなる? と気になる44話で印象に残ったのは4つ。

・西郷どん(鈴木亮平)と熊吉(塚地武雅)の温泉シーン
・大野拓朗(桐野役)のたっぷり時間をとったアクションシーン
・大久保の正妻(美村里江)と愛人(内田有紀)が対峙するシーン
・玉山鉄二(木戸孝允役)の碇ゲンドウポーズ

視聴率は12.4%と43話よりアップ。
水川あさみの入浴シーンが冒頭にあった33話が視聴率が上がったことに続き、男であれ女であれお風呂シーンがあると視聴率が上がるものなのだろうか。

ちなみに「今日から俺は!!」とは10.6%で、その差1.8ポイントとさらに差が縮んだ。
「残り3回、「今日から俺は!!」の追い上げから逃げ切れるか。

600人も薩摩に帰って来た


「官もいらず名もいらずそれが薩摩隼人の心意気でごわす」
半次郎こと桐野(大野拓朗)たちが西郷を追って東京から薩摩に戻って来た。
大久保(瑛太)に愛想をつかして桐野たちはいまの政府を認めず、西郷にこそ政府を率いてほしいという。