review

最終回「西郷どん」暗殺された大久保のとこに「忘れもんをした」と死んだ西郷が戻って来たのかと思った 

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第47回「敬天愛人」12月16日(日)放送 演出:野田雄介
最終回「西郷どん」暗殺された大久保のとこに「忘れもんをした」と死んだ西郷が戻って来たのかと思った 

西郷どん 完結編 (NHK大河ドラマ・ガイド) NHK出版

抱きしめ飲み込み連れ去りました


1年にも及ぶドラマの最終回。
冒頭、場面は、昭和37年の京都。39話に出てきた助役の川村(川口覚)と菊次郎(西田敏行)のターンだ。
父・西郷隆盛がどうして死んでいったのか、その思いを菊次郎は想像する。

「新しい時代が大きな波になって押し寄せてきたとき、どうしてもその波に乗りきれない人がいるものです
(中略)取り残された侍たちを抱きしめ飲み込み連れ去りました」

林真理子の原作では西郷に「区切りにいる者は死ななくてはならん」と言わせている。もう少し長めの台詞もあるが、おおむねこれでわかる台詞である。
そこを中園ミホはもう装飾的な表現にして、菊次郎に語らせた。
西田敏行の語りには「取り残された侍たち」への深い鎮魂の響きがあった。

これが「西郷どん」に描かれた西郷隆盛のすべてかなあとずーんと来た。
そして、鈴木亮平は、この台詞に合う、抱きしめる愛情、飲み込む度量、連れ去る強さをもった西郷をみごとに演じていたと思う。立派!

はつらつと戦いました


場面は明治10年へ。西郷の最後の戦いだ。
西郷と仲間たちはボロボロになりながら、鹿児島の城山──桜島が見える場所に戻って来た。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「最終回「西郷どん」暗殺された大久保のとこに「忘れもんをした」と死んだ西郷が戻って来たのかと思った 」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    >思想についてはあまり触れず、  結果、何を考えてるのか、分からない人になってしまいました❗

    3
  • 匿名さん 通報

    > 冒頭、場面は、昭和37年の京都。 明治37年、ですよね。

    2
  • 匿名さん 通報

    西郷さんを美化しすぎましたね。他の考え方を否定し、悪役に仕立てる、もはや時代遅れの手法です❗

    2
この記事にコメントする

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

2018年12月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。