review

日曜劇場「グッドワイフ」小泉孝太郎「ずっと好きだった」唐沢寿明に愛を告白してしまった驚愕の6話

TBS日曜劇場『グッドワイフ』(公式)、2月23日よる9時から第7話。
浜野謙太演じるITカリスマ社長が、勝手に自分をモデルに映画が作られ名誉を毀損されたと訴える回。
映画のプロデューサーを田中要次が演じ、秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」劇団員の安倍乙もゲスト出演する。
日曜劇場「グッドワイフ」小泉孝太郎「ずっと好きだった」唐沢寿明に愛を告白してしまった驚愕の6話
「Good Wife: the Final Season」販売元: Paramount

先週の第6話「崖っぷちの選択」、ラストいよいよ盛り上がってきました。
事件は、賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟。
春風亭昇太が、車椅子弁護士を熱演した。
原作版の『The Good Wife』では、神経の症状を患っている弁護士を『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマイケル・J・フォックスが演じており、彼自身のパーキンソン病が役の上に投影されていた。
シーズン2の第6話の「華麗なる駆け引き」(抗うつ薬による自殺の集団訴訟)と第13話「償いの値段」(農薬により流産や不妊に苦しむ女性たちの集団訴訟)をベースに、マイルドに翻案されていた。
原作『The Good Wife』は、ビビッドな現実を想起させる事件を扱って、現実の政治についても真正面からネタにする醍醐味がある。
現実を果敢に食い破ろうとする面白さを、日本の地上波ドラマで望むのは酷だろうか。
日曜劇場「グッドワイフ」小泉孝太郎「ずっと好きだった」唐沢寿明に愛を告白してしまった驚愕の6話
アメリカ版『The Good Wife』にはスピンオフがある。
女上司(日本版では賀来千香子が演じている役)を主人公にした『The Good fight』。
1話のしょっぱなのシーンは、トランプの大統領就任演説を観ながら呆然としている主人公の顔ではじまる。

Amazonプライムビデオにて配信中

ずっと好きだった


一方、ラブロマンスのパートは、日本版ならではの面白さが発揮された。

日本版第6話、ラスト。
汚職疑惑で勾留されていた蓮見壮一郎(唐沢寿明)が、保釈され記者会見を開く。

あわせて読みたい

浜野謙太のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日曜劇場「グッドワイフ」小泉孝太郎「ずっと好きだった」唐沢寿明に愛を告白してしまった驚愕の6話」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >いやいや、まてまて。いくら思いが高まったとはいえ、記者会見いましてる人に電話しちゃダメだよ(そもそも出ないよ)! 思いとどまる多田(小泉孝太郎)。  そりゃ、当然ですねけどね❗

    2
  • 匿名さん 通報

    >小泉孝太郎、唐沢寿明に愛の告白である。 しまった。 興奮して役名でなく演者名で書いてしまった。   www

    2
  • 匿名さん 通報

    >その後も、アメリカ版は、あだち充のラブコメ以上のいじいじラブラブすれ違いを繰り返す。  なかなかなかなか進まないのね。

    2
この記事にコメントする

「浜野謙太 + 星野源」のおすすめ記事

「浜野謙太 + 星野源」のおすすめ記事をもっと見る

「浜野謙太 + ドラマ」のおすすめ記事

「浜野謙太 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「浜野謙太 + 朝ドラ」のおすすめ記事

「浜野謙太 + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月24日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 浜野謙太 Instagram
  2. 浜野謙太 ドラマ
  3. 浜野謙太 星野源

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。