review

「グッドワイフ」日本とアメリカのドラマ観の違いが現れた4話。今夜車椅子弁護士登場に期待している

       
TBS日曜劇場『グッドワイフ』(公式)、アメリカCBSの人気番組『The Good Wife』が原作のリーガルドラマ。
2月17日よる9時から第6話「崖っぷちの選択」。
車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)が登場する。
予告編では「彼女が選ぶ相手は!?」とテロップが出て、保釈される蓮見壮一郎(唐沢寿明)と上司の多田政大(小泉孝太郎)の顔がドンドンと映し出される。
常盤貴子が「私が決めたの」と意味深な台詞。

原作はアメリカCBSのドラマ
障害を持つ弁護士が登場するのは、シーズン2の第6話。
神経の症状を患っている弁護士を、パーキンソン病と診断されているマイケル・J・フォックスが演じる。
抗うつ薬の集団訴訟で、彼は自分の症状を誇張して敵の弁護から気をそらしたり、陪審員を誘導しようとする「ずる賢い男」だ。
主人公側も性的な話やネズミが血を吹き出す実験映像を持ち出して「ずる賢い」手口で戦う。
キツめの皮肉が効いたエピソードで、これを日本の地上波でやるのか、と驚いている。
「グッドワイフ」日本とアメリカのドラマ観の違いが現れた4話。今夜車椅子弁護士登場に期待している
グッド・ワイフ 彼女の評決 シーズン1(パラマウント)

とはいえ、日本版『グッドワイフ』の主人公・蓮見杏子(常盤貴子)は、アメリカ版に比べれば、人情味のある優等生っぽいキャラクターになっている。

見る側は知っている


第5話「過去との決別」は、資産20億のロックスター東城数矢(宇崎竜童)の離婚訴訟のエピソード。
妻のちなみ(銀粉蝶)と、若い愛人の唯奈(松本まりか)が熾烈な争いを繰り広げる。
しかも、離婚決定直前に、東城数矢が交通事故で昏睡状態。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「グッドワイフ」日本とアメリカのドラマ観の違いが現れた4話。今夜車椅子弁護士登場に期待している」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    >神経の症状を患っている弁護士を、パーキンソン病と診断されているマイケル・J・フォックスが演じる。  日本では、考えられませんね❗凄い❗

    3
  • 匿名さん 通報

    >春風亭昇太  大河ドラマ、女城主直虎での今川義元以来のドラマ出演ですかね?

    1
  • 匿名さん 通報

    一方《TVの出来事で自らの不都合ひた隠す、中国そのまま、売買-春最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》《頭狂消防庁消防士逮捕》《頭狂まむこ売りの少女補導で発覚》頭狂男が買-春で逮捕されていたことがわかった。

    0
  • 匿名さん 通報

    評決は評議して決定する意味だが,法廷では評決ではなく裁決。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。