review

「新幹線変形ロボ シンカリオン」池添隆博監督が託した思い「『好き』を持っている子って素晴らしい」

2018年1月に放送が始まって以降、毎週末、話題を集めてきたテレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』
4月からの放送では、主人公の速杉ハヤトら運転士たちが1学年進級し、ハヤトの乗る「シンカリオン E5はやぶさ」「シンカリオン E5はやぶさ MkII」にパワーアップ。明日3月30日(土)に放送される第64話は、「第1部最終話」とも言える一つの節目のエピソードとなりそうだ。
「新幹線変形ロボ シンカリオン」池添隆博監督が託した思い「『好き』を持っている子って素晴らしい」
全国のシンカリオン運転士たち。4月からは1学年進級するため、この姿が見られるのは第64話が最後の機会となるのかも。ちなみに、最年少は小学3年生の大空レイで、最年長は中学2年生の清洲リュウジ

エキレビ!の池添隆博監督インタビュー後編では、1年以上にわたって『シンカリオン』を作り続けてきたことによる自身の変化や、今後の『シンカリオン』に対する思いなども語ってもらった。

(前編はこちら

ラスボスも絶対悪ではなく、彼なりの正義、彼なりの理想はある


──第63話までで、ストーリーやセリフなどが特に印象深いシーンを教えてください。

池添 このシーンというのは難しいのですが、実は人間のキャラクター以上に、(敵対する)キトラルザスのメンバーを描くことは楽しかったです。キトラルザスのエージェントの4人(ビャッコ、ゲンブ、スザク、セイリュウ)は、明らかに人ならざるものというか。最初は会話もできないような敵キャラだったのに、シンカリオンと戦うことで少しずつ感情みたいなものが芽生えていく。そこはすごく丁寧に描いてきたつもりですし、一番楽しくて印象に残ったところでもあります。もちろん、作品の中心は(主人公の)ハヤトですし、その他の運転士たちを含めた(人間の)キャラクターの成長も大切に描いてはいるのですが。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2019年3月29日のレビュー記事
「「新幹線変形ロボ シンカリオン」池添隆博監督が託した思い「『好き』を持っている子って素晴らしい」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「言葉で伝えなくても、キャッチボールができているわけですね」なるほどこれが「言葉の無い対話」…!

    3
  • ちゅらとも 通報

    長期休みの映画は絶対ほしいです! もつもっとシンカリオンを身近に! そしてシンカリオンはいる!と子どもたちの夢を描き続けて下さい。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース