review

「どろろ」原作とまったく違う!最悪の展開…どろろが百鬼丸に愛想をつかす15話

アニメ『どろろ』(→公式サイト)。今日4月22日(月)22:00より、TOKYO MXほかで、第十六話「しらぬいの巻」が放映される。
Amazon Prime Videoで毎話24:00頃から配信予定。
「どろろ」原作とまったく違う!最悪の展開…どろろが百鬼丸に愛想をつかす15話
どろろBlue-ray BOXイメージイラスト

守られた村、滅びた村


十五話から続いたマイマイオンバ編は、かなりの部分が原作から変更されている。

原作は鯖目とマイマイオンバが恋愛の末結ばれ、その正体と連れ子を隠すために、尼寺と子どもたちを焼いた、という設定。
村の衆は妖怪を倒すべく団結し、皆で強く生きていく決意をする……という前向きなラストになっている。
鯖目は一途にマイマイオンバを愛していた。事件解決後は頭をそって子どもたちを弔う決意をするほど誠実だ。

一方アニメ版は真逆といっていい結果。
まず鯖目はマイマイオンバに対して、愛は抱いていない。彼女の「この地にて我らが生きることを許されるならば、必ずこの地を守り抜かん」という言葉と契約をしただけ。
鯖目の領地で幸せに暮らしている村人は全てを知っており、その選択をした鯖目に従う共犯者だ。

鯖目「何があろうと私はこの土地を守り抜く」「あやつらも私が守らねばならぬ民なのだ」
あやかしに力を借りる条件として、尼寺に引き取られていた孤児たちを皆で捕らえ、エサとして生贄にした。
村人は痛みを分かち合って身内から誰かを捧げたのではなく、リスクの低そうな人間を捧げたことになる。

原作では退治したことで、鯖目も村人もみな改心。ただし百鬼丸だけは、バケモノ扱いされて追い出される、という皮肉な結果になった。

あわせて読みたい

  • 「どろろ」多宝丸のことも忘れないで!

    「どろろ」多宝丸のことも忘れないで!

  • 「どろろ」民衆思いの優しい子多宝丸!

    「どろろ」民衆思いの優しい子多宝丸!

  • 早く来た衝撃「どろろ」タブーシーンも

    早く来た衝撃「どろろ」タブーシーンも

  • 「どろろ」遂に名前を呼んだ百鬼丸

    「どろろ」遂に名前を呼んだ百鬼丸

  • レビューの記事をもっと見る 2019年4月29日のレビュー記事
    「「どろろ」原作とまったく違う!最悪の展開…どろろが百鬼丸に愛想をつかす15話」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      あの話の最後だけで「愛想をつかす」と断定するのは早計だと思いますが、どうでしょうか? それともうひとつ、記事で重要なネタばれをするのはやめていただきたい。

      7
    • 匿名さん 通報

      視聴した人向けの感想だと思っていたので、普通に楽しく読みました。

      3
    • 匿名さん 通報

      百鬼丸が諦めても 次は多宝丸の最も大切な人が鬼神の贄になるだろう 第一話で子どもを二人救っている点から 百鬼丸は自我ばかりの幼児でもないと思う

      1
    • 匿名さん 通報

      これ、ただのネタバレじゃありません? 記事と言えるレベルにないのでは?

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    どろろ

    どろろ

    手塚治虫のマンガが原作のテレビアニメ「どろろ」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース