review

「どろろ」屍だらけになり、この世に独り取り残された時「人間であり続ける」には…完全オリジナル17話

アニメ『どろろ』(→公式サイト)。今日5月13日(月)22:00より、TOKYO MXほかで、第十八話「無情岬の巻」が放映される。
Amazon Prime Videoで毎話24:00頃から配信予定。
「どろろ」屍だらけになり、この世に独り取り残された時「人間であり続ける」には…完全オリジナル17話

寿海と賽の河原


十七話「問答の巻」は、完全オリジナルの内容。原作には最序盤しか出てこない、育ての親の寿海百鬼丸の再会を描いている。
寿海は、アニメでは全く原作と違う人生を送ってきているキャラクターだ。

・昔、多くの人を捕らえて、生きたままはりつけにしながら殺す仕事をしていた。
・その後身体を失った人のため、義手義足を作る医師として活動。しかし自分が殺した人間の子供に蔑まれ、資格がないと辞めてしまう。
・身を護るために教えた剣術で、百鬼丸は妖怪を数多く惨殺。自分の行動が間違いだったと苦悩する。
・今は戦場の死体に作った義体をつけて弔い続けている。

彼は優しい人間だが、聖人ではない。「誰かに懺悔している」というよりは、「自分は罪ゆえに贖われることも死ぬことできない」と苦しむ、こじれた人間だ。
人間を救おうとして拒絶され、百鬼丸には命を奪うという自分の過ちを引き継がせてしまった。行き着いた先が死体。
寿海がエンバーミングしてすぐに、義手義足義眼を死体漁りに盗まれる様子は、石を積んでは崩される、セルフ賽の河原だ。

彼が苦しみの果にたどり着いたのは、自分はもう人間には戻れない、という思いだ。
前半で他の人が妖怪に襲われたにもかかわらず、寿海は認知されず襲われなかった、というシーンが入っている。

あわせて読みたい

  • 「どろろ」原作と全く違う!最悪の展開

    「どろろ」原作と全く違う!最悪の展開

  • 「どろろ」彼女は背中を見せられるのか

    「どろろ」彼女は背中を見せられるのか

  • 「どろろ」多宝丸のことも忘れないで!

    「どろろ」多宝丸のことも忘れないで!

  • 「どろろ」民衆思いの優しい子多宝丸!

    「どろろ」民衆思いの優しい子多宝丸!

  • レビューの記事をもっと見る 2019年5月13日のレビュー記事
    「「どろろ」屍だらけになり、この世に独り取り残された時「人間であり続ける」には…完全オリジナル17話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      いつも深い洞察をありがとうございます。鈴木梨央ちゃんの人間味あふれる素晴らしい吹き替えと、こちらの記事を毎回楽しみにしています。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    どろろ

    どろろ

    手塚治虫のマンガが原作のテレビアニメ「どろろ」のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース