review

貴重なギャグ回「どろろ」ヒョウタンツギなどの手塚治虫キャラも居た19話

       
アニメ『どろろ』(→公式サイト)。今日5月27日(月)22:00より、TOKYO MXほかで、第十九話「鵺の巻」が放映される。
Amazon Prime Videoで毎話24:00頃から配信予定。
貴重なギャグ回「どろろ」ヒョウタンツギなどの手塚治虫キャラも居た19話
どろろBlue-ray BOXイメージイラスト

正直だから嘘も楽しい


18話は数多くの人が夢を叶えられず、悲しみの中死んでいく凄惨な回だった。
19話は流れが一転。天邪鬼が出てきてみんなの言動をあべこべにする……というとてもコミカルな回。
ラストで全員が幸せになる、アニメ「どろろ」としては極めて珍しい内容。多少強引な展開はあれども(例・おこわが、彼女のことを以前から好きだった男とすんなり結ばれるなど)、それすらもアリに感じるくらい、ハッピーな空気だった。
あやかしの天邪鬼が、殴られただけで殺されていないあたりも、見ていてホッとする。

訪れた村にそこそこの余裕があるのも、このアニメとしては珍しい。
今まで2人が訪れた場所は、強制労働させられていたり、飢饉にあえいでいたり、妖怪の力を借りていたりと、平穏さはなかった。
ところが今回訪れた村は、そこそこ暮らせているようで、近所の仲がよく、住人の顔がみんな明るい。
おこわが百鬼丸のために持ってきたのは鯖寿司。祝い事などハレの日に作られる高級品だ。
即効で仏前式をあげようとしたおこわ。その日のうちに結納品のするめやらこんぶやらを揃えている。
少なくともおこわは、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていない。恋愛ができる程度の安定感はある。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

どろろ

どろろ

数多く映画化もされている、手塚治虫によるダークファンタジー。アニメの放送に合わせて、舞台化もされた(主演:鈴木拡樹)。主演・百鬼丸を演じたのは鈴木拡樹。どろろは鈴木梨央が演じた。TOKYO MXほかにて、2019年1月7日~6月10日放送。

2019年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。