review

「なつぞら」70話。カチンコ下手な不器用な青年(中川大志)は高畑勲的な存在なのか

「なつぞら」70話。カチンコ下手な不器用な青年(中川大志)は高畑勲的な存在なのか
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」70話(6月20日・木 放送 演出・田中正)視聴記録


リリー・フランキーが優しい
「おはよう日本 関東版」で高瀬耕造アナが、「“仲さんのなっちゃん贔屓”について言及されました」と述べた。仲(井浦新)がやたらとなつ(広瀬すず)を特別扱いしていることは確かに気になる。とそこへ、今度は、茂木社長(リリー・フランキー)がアニメーターになったお祝いにプレストン・ブレアの洋書を贈る。

出てくる人、出てくる人、なつを応援する人ばかり。なつはちっとも辛い目にあわず、恵まれ過ぎているようにも思えなくもないが、前からこの記事で書いていることで、なつは戦争で大きな不幸を味わっているので、失ったものを取り戻しているところであって、それをまわりがフォローして何が悪い。それに尽きると思うのだ。
それから、誰もなつが可哀想だからという態度を誰も見せないところもいい。富士子だけ最初のころ「可哀想」と言っていたが。なつがやたらと明るく振る舞わず、どこか憂いを残しているので、ただ漫然と受け入れているようにも見えない。何かしら引っかかりがあるように見える。ほかの作品ではひどく悪い人物も演じることのあるリリー・フランキーも「なつぞら」では飄々として、明るい。山口智子も明るい。みんな明るくして、なつに元気を与えているような気がするのだ。彼らを見ていると、自分の人生のなかで当たり前のように優しくしてくれた人に感謝したいし、人に優しくしたいと思う。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」なつとと「牛若丸」似てる

    「なつぞら」なつとと「牛若丸」似てる

  • 「なつぞら」虐められて家出していた妹

    「なつぞら」虐められて家出していた妹

  • 「なつぞら」興奮「わんぱく牛若丸」

    「なつぞら」興奮「わんぱく牛若丸」

  • 「なつぞら」ついにアニメーターになる

    「なつぞら」ついにアニメーターになる

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年6月21日のレビュー記事
    「「なつぞら」70話。カチンコ下手な不器用な青年(中川大志)は高畑勲的な存在なのか」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      下山班、なかなかいいですね。 茜ちゃんと堀内くんも味わい深いです。

      3
    • 匿名さん 通報

      このドラマにはメタ的なナレーションは似合わないと思うんですよね。

      2
    • 匿名さん 通報

      おもしろい

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース