review

「なつぞら」87話、天才的アニメーター神地航也(染谷将太)は宮崎駿なのか

「なつぞら」87話、天才的アニメーター神地航也(染谷将太)は宮崎駿なのか
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」87話(7月10日・水 放送 演出・田中正)視聴記録


生意気な新人・神地登場
名匠・高畑勲をヒントにしているのではないかと言われる坂場がいるなら、スタジオジブリの2トップとして時代を駆け抜けた盟友・宮崎駿も出てくるだろうと想像されていたところ、新キャラ・生意気な新人アニメーター神地航也(染谷将太)が登場した。それに関しては後述するとしてまずは、87回を振り返る。

坂場(中川大志)が企画を通し、グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」を短編アニメにすることになった。
制作にあたり、坂場は脚本を最初に作らず、アニメーターの絵を先行で作っていこうと提案するが、麻子(貫地谷しほり)は脚本がないとできないと渋る。この件を相談された仲(井浦新)は、もともと短編アニメは脚本に頼らない作り方をしていたと教えるが……。
一方、なつは絵を描きながら話を広げ、原作の「ヘンゼルとグレーテル」から逸脱していく。それを「面白い!」と言うのが新人の神地航也(染谷将太)だ。一番の成績で動画になった彼は、新人にもかかわらずはっきり意見を言う。「面白い」「面白くない」と素早くジャッジし、自分でもどんどんアイデアを絵にしていく。それがものすごく生き生きとしていて話がみるみる膨らんでいく。

あわせて読みたい

  • なつぞら 夕見子が朝ドラ評論家みたい

    なつぞら 夕見子が朝ドラ評論家みたい

  • 「なつぞら」天陽の奥さんに会ったなつ

    「なつぞら」天陽の奥さんに会ったなつ

  • 「なつぞら」山口智子の朝ドラ受けだ!

    「なつぞら」山口智子の朝ドラ受けだ!

  • 「なつぞら」千遥には秘密があるのか

    「なつぞら」千遥には秘密があるのか

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年7月11日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース