review

「なつぞら」85話。久々登場の夕見子(福地桃子)が朝ドラ評論家みたいだった

「なつぞら」85話。久々登場の夕見子(福地桃子)が朝ドラ評論家みたいだった
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」85話(7月8日・月 放送 演出・田中正)視聴記録


高瀬アナ、「いたとかいないとか」。
先週は三兄妹の再会をハンカチ用意して楽しみにしていた「おはよう日本関東版」高瀬耕造アナ。予想外の展開(会えなかった)に戸惑っていたが再会の涙ではなくなんともできない涙でハンカチが役に立っただろう。
そして週明け。「(結婚した天陽くんを見て寂しくなった)なっちゃん、それはしょうがないっしょと思った人がいたとかいないとか」。対して和久田麻由子アナは「いたかなあ」とつぶやくのだった。いやあ、ほんとうにこのふたりの役割分担はしっかりできている。

しょうがない。うん、なつが夢を求めて東京に行ったのだからしょうがない……。
ただ、なつが牛の世話を手伝っているとき、座った足の開き具合がオトコマエ過ぎて、俯いて絵を描き続けるアニメーターより、北海道でたくましく牛と暮らし続ける話も見たかったような気もしてしまった。
広瀬すず、憂い顔ながら、肩とか背中とか足とか身体がやけにたくましい。身体がたくましくても心が乙女な人もいるが、彼女の場合たくましい身体にてらいなく堂々としているので、このドラマでときおり語られている身体と精神はつながっているという見地からしたら、精神性としてはオトコマエなんじゃないかと思ってしまうのだ。いやでもたくましいアニメーターがいても全然いい。そういえば、なつの描く馬は元気がいいと言われていた。元気な絵を生き生き描けるキャラになっているということで数分の間に思い直す。アニメーターでも全然いい。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」山口智子の朝ドラ受けだ!

    「なつぞら」山口智子の朝ドラ受けだ!

  • 「なつぞら」千遥には秘密があるのか

    「なつぞら」千遥には秘密があるのか

  • 「なつぞら」なつの服で搾乳する千遥!

    「なつぞら」なつの服で搾乳する千遥!

  • なつぞら 顔の見えないきょうだい再会

    なつぞら 顔の見えないきょうだい再会

  • 気になるキーワード

    1. 連続テレビ小説 まんぷく
    レビューの記事をもっと見る 2019年7月9日のレビュー記事
    「「なつぞら」85話。久々登場の夕見子(福地桃子)が朝ドラ評論家みたいだった」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      いや目印に蒔いたパンくずを食べちゃう鳥(=時の流れ)は、水先案内人ではなくてなつたち3兄弟を迷子にさせる役割、と、ゆみこは言っていたと思います。

      6
    • 匿名さん 通報

      そんなことより千遥が今どこでどうしているのか、もう少し説明をしてほしい。18歳の女の子がなつの仕事着を着たまま柴田牧場から姿を消しているのに。

      3
    • 匿名さん 通報

      千遥編おもしろかったが、朝から見るには重かった。元のアニメ編に戻ってほっとした。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース