「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

2017年に初演が上演された、岸本斉史原作によるライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~。熱望を受け、ついに再演が決まった本作は、うずまきナルト役の松岡広大や、うちはサスケ役の佐藤流司、うちはイタチ役の良知真次らが続投。新たにペインを演じる輝馬などの出演も発表され、ますますパワーアップする予感。

良知と輝馬は他の舞台で共演を重ね、気心が知れた間柄。インタビューでは先輩後輩の壁を超えた仲睦まじさが伝わってくる一方で、話題が役や演技に及ぶと引き締まった表情で熱い思いをたっぷりと語ってくれた。

取材・文/橘川有子 撮影/コザイリサ

編集/田上知枝(エキサイトニュース編集部)


なぜ“続編”ではなく“再演”なのかを心に留めながら演じたい(良知)


――再演おめでとうございます。決まったときのお気持ちを教えていただけますか?

良知:ありがとうございます。嬉しい気持ちがまず湧いてきましたが、ファンの方々はもしかすると“再演”ではなく“続編”を待ち望んでいたのではないかなとも思いました。ですから、「今回、なぜ再演なのか」ということを心に留めながら演じたいなと思いましたね。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

輝馬:今回、ペインとして関わらせていただけることになりました。子供のころから原作を買って読んでいたファンなので、その舞台に出演できると思うと嬉しくて今からワクワクします。何度も共演させていただいている良知さんも一緒なので心強いです! よろしくお願いします!!!

良知:変なプレッシャーかけないでくれよ(笑)。ただでさえ、「イタチはものすごく人気のキャラクターで、日本では特に高く支持されています」って、プレッシャーをかけられてるんだから。

輝馬:アハハハハハ!

良知:ただ、「暁の調べ」初演をご覧いただいた方からは、「セリフという形ではなく、歌という表現を取ることで、イタチが本当に思っていることや抱えている思いを表現していただけた」と言ってもらえたことがとても励みになりました。人気のあるキャラクターは期待も大きくなりますし、演じる側からは「演じたい」と思う人も多いもの。それがわかるだけに、再びイタチを演じることの重みをひしひしと感じているところですね。

――見る側だけでなく、役者から見ても魅力的な役ということですか?

良知:そうだと思います。前回の公演の時には、いろんな舞台で共演する役者たちの間で「今度、イタチが出るらしいよ。誰がやるんだろうね」って噂になっていたのを何度も耳にしました。そのたびに「それ、俺なんだ……」って言いそうになりましたが、情報解禁前だったのでぐっとこらえました(笑)。

輝馬:その気持ち、すごくわかります! 言いたいけど、言えないところがつらいんですよね。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

良知:(笑)。役が決まってから、ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」1作目の再演舞台を拝見したんですが、ラストに向かってイタチへの前振りがすごくて(笑)。これは相当な期待感を持ってお客さんは見に来られるんだろうなと、背筋が伸びましたね。「暁の調べ」は原作の中でも特に人気の話でもあります。さらに、「暁の調べ」というサブタイトルからも分かるように、ミュージカル要素を強く打ち出す作品になりました。ハードルはどんどんと高くなっていったと感じましたが、それらを乗り越えて良い作品になったなと手ごたえを感じたのが、前回の初演でした。

セリフの延長線上として歌い、ちゃんとキャッチボールをしてアクションもやりたい(輝馬)


――イタチというキャラクターを演じていて、どんなところに魅力を感じますか?

良知:やはり、サスケへの愛ですね。それが場合によっては“悪”にも見えてしまうのかなと。そういった感情を“歌”という表現を使って、強く打ち出したいなと思いながら演じました。一方で、サスケが真実を知った後は、がらりと変わって優しくバラードを歌うシーンがありました。作品で唯一のバラードでもありますし、それまでイタチが出していなかった面を、発声の仕方を変えることで表現したいと思いましたね。僕が感じたことを、演出・脚本を手がける児玉明子さんに投げたところでもあったので、今回はそこに対して再び挑戦していけると思うと楽しみです。とはいえ、前回と全く同じように演じたいとは思っていなくて。変化をつけられることも「再演」ならではの魅力かなと思います。

――輝馬さんはペインを演じるにあたり、大切にしたいこと、こだわりたいことは?

輝馬:いろんな要素が盛り込まれた舞台ですが、歌、お芝居、アクションとそれぞれを区別せずに演じたいです。セリフの延長線上として歌いたいですし、ちゃんとキャッチボールをしてアクションもやりたいですね。メッセージがお客様により伝わりやすくするために歌う、よりわかりやすくするためにアクションをするということを心がけていきたいんです。また、ペインというキャラクターは、外見と中身が違っていたりするんですよね。そこに関しては、演出の方と話し合いながら作っていきたいと思います。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

君沢ユウキはムードメーカー(良知)


――再演ゆえの難しさはどんなところに感じますか?

良知:変化をつければいいということではない、というところでしょうか。それと……これは再演云々ではないのですが、イタチはいきなり歌で出ていくんですよ。それって実は結構難易度が高い登場の仕方で。僕はミュージカル出身の俳優なので(劇団四季に所属していた)、歌から始まることは慣れていますが、とはいえ、セリフからのほうが入りやすい。それで、前回は一度、児玉さんに「セリフからではどうですか?」と相談したことがありました。

輝馬:僕も経験があるんですが、歌始まりは難しいですよね。舞台の袖で待っているとき、最初の音を外したらどうしよう!と思うと……緊張が半端ないです。

良知:そうなんですよ。でも、「皆さん、イタチに期待しています。張り切っていきましょう」って言われて終わったけどね(笑)。ペインももしかしたら、歌始まりで登場ってことになるかもしれないよ。

輝馬:ええっ!?

良知:(にやりと笑って)さらに言うと、本読みでも結構緊張感があったりするんだよね。

輝馬:ど、どういうことですか?

良知:僕が前回感じたことなんだけど、1作目から出演しているキャストさんから、「イタチ役の人、どんな感じで来るんだろう」って空気が漂ってた(笑)。ほとんどのメンバーと初対面だったから当然なんだけど、僕も今回は輝馬にそういうプレッシャーをかけていきたいです(笑)。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

輝馬:ちょ、ちょっと! 共演する側からしたら、劇団四季出身の良知さんは、逆にプレッシャーを感じるキャリアだったんじゃないかなって思いますよ。僕はそうじゃないし、歌のときに合いの手とか入れて盛り上げてくださいよ~。

良知:そういう“盛り上げ担当”みたいな人は、別にいるから(笑)。

輝馬:そうそう、はたけカカシ役の君沢ユウキさんと別の舞台でご一緒した際に「よろしくお願いします」とご挨拶させていただきました。だから、本読みも和気あいあいとできるかなって思ってるんです。君沢さんは本当に面白いお兄さん。ユニークでオリジナリティあふれる方ですよね。

良知:まあ、トラブルメーカーなんですよ(笑)。

輝馬:わわわ、違いますって!(笑)

良知:あ、間違えました。ムードメーカーです(笑)。

輝馬:びっくりさせないでくださいよ。年長者ですが、現場の雰囲気を作ってくださるんです。和ませてくれますよ……ね?

良知:君沢くんに関しては、僕はノーコメントで(笑)。だって、一緒にいると怒られる確率が上がるんですよ。これまで劇団四季でロングラン公演も経験していますが、同じキャストでずっと長い期間を演じ続ける舞台は僕にとってライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」が初めて。なので、共演した皆さんとは、それぞれストーリーがあると思えるくらい、印象に残っている人たちばかりですね。

――原作の世界観を大切にする、2.5次元ミュージカルの作品ならではの難しさややりがいとはどんなところに感じていますか?

輝馬:生身の役者が舞台で演じる意味、「暁の調べ」で輝馬がペイン役を演じる意味を見出さなければと思うんです。そこに意味がなければ、外見が似ている人がやればいいだけの話になってしまいますから。原作があり、そこに寄せていくことはもちろん大切ですが、舞台であるからこそ自分に役を寄せていくことがあってもいいと思うんです。それは今回の「暁の調べ」に限らず言えることだと思うし、僕が持っている演技力や歌唱スキル、アクションのパフォーマンスなど、自分が持っている引き出しを全部開けて、全力を注いで演じることが何より大切なのかなと思っています。本来のキャラクターが100だとして、輝馬が演じるからそこからさらにプラスして120になってもいいよね、成立していると思ってもらえるとすごくやりがいを感じますね。

舞台の直前にニンニクは食べない!(輝馬)


「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

――長丁場を乗り切るために、心身を保つためのルーティーンやケア法などがあれば教えていただけますか?

良知:個々にルーティーンがあると思います。決まった時間にアップする人もいれば、全くアップしない人も。アップするのが絶対にいいとも限らないんですよ。僕自身も10代、20代前半まではアップをしませんでしたが、30代になると最初にエンジンをかけておく必要が出てくる(笑)。今回のカンパニーはいい意味でバラバラというか、全員でアップするという感じではなくて、サウンドチェックのときに合わせるという感じですね。

輝馬:僕も以前は圧倒的にアップしない人でした。20代後半に入ってからアップしたほうが良かったという経験があってやるようになりましたが、それも作品によりますね。すごく動く作品はストレッチして関節の動きなどをチェックするし、歌の場合は発声を中心にやります。ストレートなお芝居なら、滑舌だけで終わることもあります。作品で何に重きを置くかによってアップする内容は変わりますね。

――食事で気を付けることはありますか?

輝馬:舞台の直前にニンニクは食べない!

良知:女性のキャストさんもいるからね。前回はみんなで焼肉に行ったり、海外公演もあったので火鍋でパワー付けよう、みたいなのはありましたね。ただ、それも人それぞれで、「アルコールがガソリンです」っていう人もいるし(笑)。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

――歌う人には、赤身の肉がいいと聞いたことがあります。焼肉も歌のため?

良知:どうでしょう(笑)。ただ、大阪公演では毎日のように焼肉に行ってましたね、特に大人組が。3日間くらい続けてお肉を食べると、だんだん「もういいか」って飽きてくるんですよ。でも、体のためだからと思って、4日目あたりから「今日は、誰が『焼肉行こう』って言い出すんだろう」ってちょっと怯えてましたね(笑)。

輝馬:20代前半のキャストはきっと喜んで毎日焼肉に行くと思いますよ(笑)。

互いに話し合いながら、作品をより良く構築できるのも、オリジナル楽曲ならではの魅力(良知)



「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

――皆さん、絆を深めながら良い舞台を創られていくのでしょうね。では最後に、改めてライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~という作品の魅力とは?

良知:「暁の調べ」とあるように、暁が準主役だったりするんですよね。そして、先ほども言ったように、歌を大切にする舞台でもあります。輝馬の言うように、歌に関しても“歌う意味”ってあると思うんですよ。たとえば、僕は原作を読んでいて「ここに歌が入るんだろうな」とイメージしたところに、ちゃんと歌が入っていました。また、和田俊輔さんの音楽を聴いて、「そうか、こうなるんだ」と納得したり驚きを覚えたりもしました。歌詞には、しっかりとキーワードとして大切な部分は盛り込まれているし、感情が高まるとちゃんとキーが高くなったりと、とても考え尽くされているんです。そういったところも感じ取りながら見ていただけたら嬉しいですね。

輝馬:この舞台にとって、歌が重要な要素であることは間違いないですからね。

良知:うん。僕の歌で言えば、前回、譜面上で最もキーが高いところよりさらに上のキーを歌ってみて、それを演出家や音響監督さんから「いいね」と言っていただいたことがありました。そうやって互いに話し合いながら、作品をより良く構築できるのも、オリジナル楽曲ならではの魅力だと思います。今回の再演では、どうなるかはまだわかりませんが、良くしていくためにさらに練っていきたいですね。ただ、良くしたところほどネタにされるんだよ。

「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

輝馬:ネタに? いったい誰ですか?

良知:そんなヤツ、1人だけだよ(笑)。さっきから名前が出てる……。

輝馬:あぁ、ユニークなお兄さんですね(笑)。

良知:僕が舞台に出る直前、僕の真横で、僕の持ち歌をネタにしてずっと歌って聞かせるんですよ(笑)。幕が閉じると、それが頭の中をぐるぐる駆け巡って大変だったんだから。

輝馬:あははは。個性豊かなメンバーが集まっているので、本番もいろいろと楽しそうですね(笑)。大勢の出演者が個性を出しつつも、作品としてまとまりがあって、見ごたえのあるものを作っていきたいです。稽古などを通して皆さんとの調和を築きながら、120%の部分も魅せられるよう頑張りたいですね。

良知真次さん&輝馬さん 直筆サイン入りポラをプレゼント!


ライブ・スペクタクル「#NARUTO -ナルト-」~暁の調べ~の上演を記念して、良知真次さんと輝馬さんの直筆サイン入りポラを2名様にプレゼントいたします。

応募方法は下記の通り。
(1)エキサイトニュース(@ExciteJapan)の公式ツイッターをフォロー
(2)エキサイトミュージック(@excite_music)の公式ツイッターをフォロー
(3)下記ツイートをリツイート
応募受付期間:2019年8月30日(金)~2019年9月13日(金)



<注意事項>
※非公開(鍵付き)アカウントに関しては対象外となりますので予めご了承ください。
※当選者様へはダイレクトメッセージをお送りいたします。その際、専用フォームから送付先に関する情報をご入力いただきます。
※当選した方に入力いただく情報はエキサイト株式会社がプレゼント発送に使用するものです。また、提供された個人情報は、同社サービスに関する連絡に限定して利用されます。
※DMでお伝えした期日までに返信をいただけなかった場合は、当選無効とさせていただきます。
※一部の地域では配達が遅れてしまう場合がございます。予めご了承ください。

作品情報



ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~
「“暁の調べ”は歌を大切にする舞台」うちはイタチ役・良知真次とペイン役・輝馬が原作と舞台への愛を語る

<大阪公演>
2019年10月25日(金)~11月4日(月・祝)大阪メルパルクホール
<東京公演>
2019年11月8日(金)~11月10日(日)TOKYO DOME CITY HALL
2019年11月15日(金)~12月1日(日)天王洲 銀河劇場

【原作】「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプ コミックス刊)
【脚本・演出】児玉明子
【音楽】和田俊輔

【キャスト】
うずまきナルト 松岡広大
うちはサスケ 佐藤流司

春野サクラ 伊藤優衣
はたけカカシ 君沢ユウキ

ヤマト 藤田 玲
サイ 定本楓馬
薬師カブト 岡田亮輔

綱手 大湖せしる

鬼灯水月 萩尾圭志
香燐 七木奏音
重吾 山口智也

ペイン 輝馬
干柿鬼鮫 林野健志
デイダラ 辻 諒(※「辻」の字は、2点しんにょうが正式表記)
トビ 片山浩憲

白崎誠也 寒川祥吾 宮川 連 佐藤 丈 松林篤美 倉知あゆか

大蛇丸 悠未ひろ
うちはイタチ 良知真次

演奏:土屋玲子(二胡) 加古臨王(和太鼓)

【協力】集英社(週刊『少年ジャンプ』編集部)
一般社団法人 日本 2.5次元ミュージカル協会
【主催】ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会

■チケット情報
一般発売日:2019年9月1日(日)10:00

■チケット料金
S席 9,000円/A席7,000円(前売 ・当日共/全席指定/税込)

公式サイト:http://www.naruto-stage.jp/



プロフィール


良知真次(らちしんじ)
1983年3月16日生まれ、東京都出身。
2004年より多くの舞台で活躍するかたわら、2019年1月1日には自身が代表取締役をつとめる株式会社World Codeを設立、プロデュース業や振付・脚本・演出・監督・制作・人材育成なども行なっている。

輝馬(てるま)
1989年6月6日生まれ、島根県出身。
ミュージカル『テニスの王子様』や超歌劇『幕末Rock』、舞台『刀剣乱舞』など、多数の舞台に出演。9月5日から上演される舞台『メサイア-黎明乃刻-』にガラ役で出演する。

最新インタビュー

インタビューをもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /