review

「なつぞら」149話。千遥(清原果耶)の戦後30年分の苦しみが15分ですっきり解決

連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」149話(9月20日・金 放送 演出・田中正)視聴記録


千遥の離婚問題
北海道では雪が降っている。
なつ(広瀬すず)からの電話で、離婚を決意した千遥(清原果耶)の話を聞いた剛男(藤木直人)はいてもたってもいられず東京に向かった。「俺には責任があると思うのさ」と。
剛男が飛行機に乗っている頃、東京のなつと咲太郎(岡田将生)は千遥の離婚協議(?)の場(杉の子)へ。
出席者は、千遥の夫・清二(渡辺大)と母・雅子(浅茅陽子)と、置屋の育ての母なほ子(原日出子)。
なつたちは、なほ子に千遥を育ててくれた礼を言う。

千遥は、父が戦死、母が空襲で死んで、浮浪児として生き、いろいろあって置屋に引き取られた過去を語る。
思い切って告白したが、実は密かに身辺調査をしていて、千遥の境遇を知っていながら嫁にしたことがわかる。

なんかもうなんだったんだ30年、という感じ。
最初は、清二も千遥を好きだったし、義父(春海四方)が気に入っていたしで、良かったが、清二の心が離れ、義父が亡くなったため、千遥は行き場を失いかけている。離婚してもいいが親権は渡さないと言う雅子。

重い空気がたちこめるが、事態は一転。
咲太郎が、亡父が浅草の料亭で修業していたと言うと、義父もそうだったから縁があったのではないかと考えて杉の子を離婚してもやってくれないかと言い出す。義母もなんだかんだ言って、杉山家の味を大事にしているのだろう。

この記事の画像

「「なつぞら」149話。千遥(清原果耶)の戦後30年分の苦しみが15分ですっきり解決」の画像1 「「なつぞら」149話。千遥(清原果耶)の戦後30年分の苦しみが15分ですっきり解決」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク