review

「いだてん」前畑、河童のまーちゃんに!ベルリンの興奮もつかのま東京オリンピックに暗雲36話

「いだてん」前畑、河童のまーちゃんに!ベルリンの興奮もつかのま東京オリンピックに暗雲36話
イラスト/まつもとりえこ
       
大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」先週9月22日放送の第36話では、「前畑がんばれ」と題して、1936年のベルリンオリンピックの女子200メートル平泳ぎに出場した前畑秀子(上白石萌歌)の奮闘が描かれた。今回のサブタイトルに掲げられた「前畑がんばれ」は、アナウンサーの河西三省が同競技決勝の実況中継で連呼したフレーズで、前畑の活躍とあわせていまなお語り草となっている。

前畑に「がんばれ」と言わないで


前畑は4年前のロサンゼルスオリンピックで、トップとわずか10分の1秒差で銀メダルに終わった。帰国後の歓迎会では、当時の東京市長・永田秀次郎(イッセー尾形)から、そのことをしきりに惜しまれ、次のオリンピックでは金メダルを獲ってきてほしいと懇願される。永田だけではなく、国民からも大きな期待をかけられ、前畑のプレッシャーはベルリンオリンピックが近づくにしたがい強まるばかりだった。

今回の「いだてん」は、そんな前畑に対するプレッシャーと、「前畑がんばれ」という名フレーズを結びつけて、一つの物語として描いていた。

日本水泳陣の総監督の田畑政治(阿部サダヲ)は、ベルリンオリンピックが始まって夜のプールでたまたま前畑と遭遇する。彼女は、プレッシャーで夜も眠れず、一人、プールで練習していたのだ。そこで思わず「前畑がんばれ」と口走った田畑に向かって、前畑は「『がんばれ』なんて言わんといてください」「がんばって金メダルとれるんやったら、ロサンゼルスでとっとるわ」と反発する。以来、田畑は前畑にプレッシャーを与えまいと、「がんばれ」を禁句とした。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年9月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。