review

「いだてん」ベルリンオリンピックを好きになれないまーちゃん、ハリマヤ足袋の快挙に歓喜する四三35話

大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、ドラマ前半の主人公・金栗四三(中村勘九郎)と親しかった人たちがここへ来てあいついで再登場している。

四三驚愕、成長したりくは母親のシマに生き写し


第33話で美川(勝地涼)が、熊本の片田舎のカフェの主人として旧友の四三と再会したかと思えば、第34話では、車夫の清さん(峯田和伸)が来日したIOC会長ラトゥールを案内するため、東京中を人力車に乗せて走り回った。このとき、妻の小梅(橋本愛)も久々に登場した。そして先週9月15日の第35話では、久々に東京・大塚のハリマヤ製作所(かつての足袋の播磨屋)を弟子の小松勝(仲野太賀)を連れて訪ねた四三の前に、東京府立第二高等女学校の教師だったころの同僚のシマ(杉咲花)が現れた。1936年春のことである。13年前の関東大震災で行方不明になっていた彼女が無事だったとは! と四三は喜んで彼女を思わず抱きしめるも、それはシマではなく、震災直前に生まれた彼女の娘・りく(杉咲・二役)だった。

りくはシマに瓜二つ。天真爛漫なところもそっくりだ。このあと四三は、ハリマヤの黒坂辛作(三宅弘城)やりくの父(シマの夫)の増野(柄本佑)とも再会する。増野はりくを連れて、大塚に再び引っ越してきたという。ハリマヤには多くの職人と、同店特製の「金栗足袋」を愛用するランナーたちが集まり、にぎやかになっていた。ベルリンオリンピックのマラソン日本代表となった朝鮮出身の孫基禎と南昇竜も、金栗足袋を履いていた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事

「いだてん〜東京オリムピック噺〜」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク