review

「いだてん」東京オリンピック返上、そして戦争へ…五りんの父親がついにあきらかに38話

       
先週10月6日放送の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」第38話は、1938年の嘉納治五郎(役所広司)の死から、直後の東京オリンピック開催返上、さらに太平洋戦争の開戦を経て、1943年の学徒出陣までを一気に描いた。この間、師匠の金栗四三(中村勘九郎)の指導のもと東京オリンピック出場を目指していた小松勝(仲野太賀)はその夢を断念するも、りく(杉咲花)と結婚し、翌1940年には一児を儲ける。それが志ん生の弟子・五りん(神木隆之介)だった。

第38回では、戦前・戦中の物語と並行して、1961年暮れに巨人軍の優勝祝賀会に余興のため招かれた古今亭志ん生(ビートたけし)が脳出血で倒れ、入院してからの様子も描かれた。五りんは、志ん生の看病……というより、意識が戻るとさっそく飲みたがった師匠のため酒をこっそり調達する役目を担いながら、父の小松が兵士として渡った満州で聞いたという志ん生の「富久」の謎を探り出そうとしていた。
「いだてん」東京オリンピック返上、そして戦争へ…五りんの父親がついにあきらかに38話
イラスト/まつもとりえこ

副島道正、苦渋の決断でオリンピックを返上


嘉納治五郎の死後、それまで国威発揚の場となるのを恐れて東京でのオリンピック開催に反対する立場にまわっていた田畑政治(阿部サダヲ)は一転して、嘉納が命を懸けた大会を何としてでも実現したいと思うようになった。

しかし大会組織委員会では、東京市や軍部などがそれぞれの言い分を主張するばかりで、一向に話がまとまらない。陸軍が、ギリシャからの聖火リレーに反対し、天孫降臨伝説ゆかりの宮崎・高千穂から出雲大社、伊勢神宮を経由して明治神宮をめざす「神火(しんか)リレー」を提案したかと思えば、東京市長の牛塚虎太郎(きたろう)は、神宮外苑競技場よりもキャパシティの大きい競技場を東京郊外の駒沢に建設する計画をぶち上げた。だが、建設には大量の鉄鋼が必要だった。日中戦争下にあって兵器製造のため鉄鋼の需要が高まっていただけに、軍部は新競技場建設に強く反対する。委員会をまとめる副島道正(塚本晋也)は、鉄鋼使用について文部次官に政府の考えを問うが、次官は軍部を恐れてか返答を避けた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いだてん」東京オリンピック返上、そして戦争へ…五りんの父親がついにあきらかに38話」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    落語パートいらないとかビートたけし滑舌悪いと、文句言ってた人、そろそろてのひら返す頃かな?

    4
  • 匿名さん 通報

    みんな大河ドラマの いだてん 観てみろ。なかなかいいぞ。

    3
  • 匿名さん 通報

    劇場公開の映画にしたらアカデミー賞。でもみんなが主役なので困る。助演賞は美川。

    1
  • 匿名さん 通報

    裏でラグビー放送していた回は、視聴率3%だったそうじゃないか?撃沈だな。

    0
  • 匿名さん 通報

    諄かったよな、たけしの闇営業ネタ!ああやって、下を潰しているんだろうな?いやらしいよ。面白くないと視聴者の多くの声を聴いたらテレビから去るべきだ。他にもいるだろ?局側は、利益最優先になりすぎだ!

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

2019年10月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。