review

「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った

「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った

(→前回までの「オジスタグラム」
「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った
二夜連続オジスタグラム。
最終夜。
特殊回ですが、一生懸命書いたので見て下さい


無邪気と狂気は紙一重だ。

幼児が顔中に生クリームつけてはしゃいでるのは無邪気だが、おじさんが顔中にもつ煮込みつけてはしゃいでたら狂気だ。
おじさんが顔中生クリームつけてはしゃいでるのは、ギリセーフな気がするし、ギリアウトな気もする。
幼児が顔中にもつ煮込みをつけてはしゃいでるのは、親が悪い。

基本は出世魚みたいな事だと思う。
同じ行動でも、年齢によって変わってくるのだ。

ハマチ→メジロ→ブリ
無邪気→ん?→狂気
「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った

葬儀の場に天真爛漫さはいらない


この前、この「ん?」が起きた。

うちの事務所の後輩に「いかちゃん」とゆう後輩がいる。
両親の愛を一身に受けて育ち、真っ直ぐに育った漫画みたいな天真爛漫を絵にかいたような23歳の女の子だ。
いかちゃんは、僕がお母さんのお腹の中に忘れた物を全て持ってる。
人を疑う事もないし、男の話をするとすぐに顔が赤くなるし、横断歩道は手をあげて渡る。
まさに人力舎の純粋、無邪気の象徴だろう。

そんないかちゃんと、この前業界の方の葬儀に一緒に行った時の事だ。

こんな言い方はあれだが、いかちゃんと葬儀の相性は最悪だ。
葬儀の場に天真爛漫さはいらないし、香典に薄墨で「いかちゃん」なんて書こうもんなら、タコ殴りちゃんだ。
急な事で、黒い服も一枚も持ってないと言っていたし、いつも着ているALWAYS CLEAN LIFEて書いたTシャツを着てきたらどうしようと心配だった。
「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った

もう親の気持ちだ。

この記事の画像

「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像1 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像2 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像3 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像4
「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像5 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像6 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像7 「「岡野陽一のオジスタグラム」18回。いつもおんなじ話だったけど、それを聞く度に頑張ろうと思った」の画像8
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

オジスタグラム

オジスタグラム

プロダクション人力舎所属のピン芸人「岡野陽一」が名もなきおじさんと酒を飲みながらその生態と魅力をレポートする不定期連載シリーズ。2019年6月13日〜連載中。

お買いものリンク