review

「時効警察はじめました」嘘をつくたび脇汗の向井理はわかりやす過ぎだろうと言っても過言ではないのだ2話

「時効警察はじめました」嘘をつくたび脇汗の向井理はわかりやす過ぎだろうと言っても過言ではないのだ2話
イラスト/たけだあや

吉岡里帆、約1年ぶりに向井理のことが心に棲みつく


毎回、豪華ゲストが続くテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」(金曜よる11時15分。一部地域を除く)。福田雄一・田中眞一の脚本、塚本連平監督による先週10月18日放送の第2話には、向井理が人気ミステリー作家役で登場した。向井理といえば、「時効警察はじめました」にレギュラー出演中の吉岡里帆と昨年放送のドラマ「きみが心に棲みついた」での共演が記憶に新しい。

今回、吉岡演じる新米刑事の彩雲は、あのドラマとは別の意味で、向井演じる“ミステリー界の貴公子”日下部秋斗がすっかり心に棲みついてしまっていた。冒頭では、まるでアイドルのコンサートのような日下部のファンイベントに来て盛り上がっていたところ、同じ総武警察署の鑑識課のエース・又来康知(磯村勇斗)と出くわす。さらに同署交通課の女性警官の浜田山(内藤理沙)と久我山(田中真琴)とも遭遇(ちなみに久我山役の田中真琴も「きみが心に棲みついた」に出演していた)。秋斗はどうやら若い世代から絶大な支持を集めているらしい。

じつは秋斗の父・光晴(古舘寛治)も著名なミステリー作家だったが、いまから25年前、密室となった自宅書斎で死んでいるのが発見された。庭から凶器のナイフが発見され、殺人事件として捜査が進められたものの、結局未解決のまま時効になってしまう。時効から10年を経て、総武警察署に保管される書類の山から当時の捜査ファイルが見つかり(あいかわらず管理が杜撰だ……)、今回も霧山修一朗(オダギリジョー)が趣味で捜査を始める。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「時効警察はじめました」嘘をつくたび脇汗の向井理はわかりやす過ぎだろうと言っても過言ではないのだ2話」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    2話面白かったよ!1話より2話のほうが完成度高いと思った。小道具が凝りに凝っていてそれだけでも見応えある。ゲストだけど向井理もハマってて魅力的だった。

    3
  • 匿名さん 通報

    嘘を吐いて自動ドアがひらく下りは、武田真治さんではなく、菊池凛子さんだったと思います。

    0
  • 匿名さん 通報

    彩雲いらない。

    0
  • 匿名さん 通報

    2話面白かった。 3話の中で一番好きかも!

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュース

次に読みたい関連記事「北川景子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュース

次に読みたい関連記事「西島秀俊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

時効警察はじめました

時効警察はじめました

2006年1月クールの『金曜ナイトドラマ』枠に颯爽と登場した、伝説のコメディーミステリーが12年ぶりに復活。オダギリ ジョー×麻生久美子の強力タッグがコメディーセンスを爆発させる。テレビ朝日系にて、2019年10月11日~12月6日放送。

2019年10月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。