review

「時効警察はじめました」中島美嘉はメロン被っても大物女優がハマっていたと言っても過言ではないのだ4話

「時効警察はじめました」中島美嘉はメロン被っても大物女優がハマっていたと言っても過言ではないのだ4話
イラスト/たけだあや
テレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」(一部地域を除き金曜よる11時15分〜)先週11月8日放送の第4話はゾンビ映画のお話だった。劇中では「ロマンティックを止めるな」なる25年前に撮られた映画が登場。それは70分にわたる全編をカメラを回しっぱなしワンカットで撮ったということで、当時話題を呼んだという……って、どこかで聞いたような。

監督が撮影中に死亡したいわくつきの映画


だが、この映画が話題を呼んだのはそればかりではない。監督の唐沢浩一郎(津田寛治)が、撮影中にナイフで刺されて死亡したといういわくつきの作品でもあったからだ。唐沢の遺体は、映画のラストシーンで主演の折原千賀子(中島美嘉)が棺を開き驚愕の表情を見せ、カットがかかったあとで棺のなかから発見された。警察に押収されたマスターテープには、映画本編に続いて遺体が見つかり、騒然となる役者たちの様子が収められていた。上映されると、幽霊が映っているとの噂も立ち、ますます話題を呼ぶ。

捜査の過程で唐沢の台本に「俺は自殺する」と当人が書きこんでいたのが発見されるも、検死の結果、他殺で間違いないと断定された。殺人の最有力被疑者には、折原が浮上する。撮影前夜に、宿泊先の旅館で、唐沢から彼女がパワハラを受け、「殺してやる」と言っていたと女将(清水よし子)が証言したためだ。だが、映画の初めのほうに出演していた唐沢を、ずっとカメラが回るなかで全シーンに出ずっぱりの彼女が殺すのは無理だとされ(正確には3分間だけ彼女が出てこない場面があったが、そんな短時間のうちに犯行を完遂するのはやはり不可能と判断)、アリバイが成立、事件は未解決のまま時効となった。

あわせて読みたい

  • 「時効警察はじめました」脇汗の向井理

    「時効警察はじめました」脇汗の向井理

  • 時効警察はじめました 小雪セーラー服

    時効警察はじめました 小雪セーラー服

  • 「時効警察はじめました」SPへの違和感

    「時効警察はじめました」SPへの違和感

  • 今夜「時効警察」SPなので徹底おさらい

    今夜「時効警察」SPなので徹底おさらい

  • レビューの記事をもっと見る 2019年11月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。